霜山 蛍

霜山 蛍

RPG大好きな人です
6
 2058年、魔法界。『スカイラド計画』の発足から41年たった今、人工島『スカイラド』の人口は150万人を迎えていた。魔道の最先端の地、それがスカイラドであり、人と人は物語を紡ぎ出す。  そんな海上都市に住む女子高生、ミシェル・ローウィラーは憂いていた。できない実技と、不得意な人間環境と、退屈な日常とに。  これは、そんな彼女の物語。
24hポイント 0pt
小説 59,323 位 / 59,323件 ファンタジー 19,134 位 / 19,134件
文字数 95,034 最終更新日 2019.07.21 登録日 2019.05.21
現代文学 連載中 ショートショート
思いついたss、ボツネタ、諸々投下します。
24hポイント 0pt
小説 59,323 位 / 59,323件 現代文学 2,607 位 / 2,607件
文字数 4,465 最終更新日 2019.05.17 登録日 2018.07.03
 中学生になった桜之宮菜奈花は、ごく普通の平凡な少女であった。そんな奈菜花は入学式の前夜に、不思議な夢を見ることになる。22枚の散らばったカード。それがアルカナであると知り、その不思議な力に触れた時、菜奈花の物語は動き出す。
24hポイント 7pt
小説 17,390 位 / 59,323件 ファンタジー 4,772 位 / 19,134件
文字数 162,325 最終更新日 2019.05.15 登録日 2018.01.25
SF 連載中 短編
 歯 時とは不変で、直線的な概念に他ならない。しかし書物――本は相違である。時はただ前進し本は遡る。時を留め、或いはその中に独自の時を描き出すのが本であり、それは直線的ではなく変動し、流動する。中身にせよ、読み手の読み方にせよ、即ち本の中の時は、本来の時の在り方とは根本的に異なるのである。  しかし、ここにそうではない本が一冊ある。日毎、事毎に中身を変え、どこから読んだとしてもその中身を直線的に伝える本、それが『歯車の本』である。  読み解く持ち主は少女ミシェル、本の短針は時を告げ、長針は―― ボツネタとボツネタを適当に混ぜてみたら行けるんじゃね?的な感じで書いてます、多分すぐ終わるかと。 書きたいネタあるのに私の執筆速度じゃそこまでたどり着くのに恐らく長い、ということでここで消化しときたかったってのもあります。
24hポイント 0pt
小説 59,323 位 / 59,323件 SF 1,989 位 / 1,989件
文字数 4,814 最終更新日 2019.02.21 登録日 2019.02.21
ライト文芸 完結 ショートショート
一人の少女は、強い雨に晒されていた。すると少女はとある暗がりを見つける。 そこにいたのは、しゃべる黒猫であり―― そんな短い、だけど永遠に続くお話。
24hポイント 0pt
小説 59,323 位 / 59,323件 ライト文芸 2,400 位 / 2,400件
文字数 2,336 最終更新日 2019.02.01 登録日 2019.02.01
現代文学 完結 ショートショート
気が付くと、彼はモノクロの中にいた―― 地元文学賞落選供養です。
24hポイント 0pt
小説 59,323 位 / 59,323件 現代文学 2,607 位 / 2,607件
文字数 6,685 最終更新日 2018.11.02 登録日 2018.11.02
6