珈琲ガレット調布店 不器用な神さまたちの戯れ

珈琲ガレット調布店。チェーン店のような名前だが個人経営のコーヒーショップだ。
店長は立花 詩(たちばな うた)、25歳。廃業した実家の蕎麦屋を改装し、この店を開業した。
留学生のアルバイト・ソンミンが彼を手伝う。

あるとき詩の前に、祓戸の神(はらえどのかみ)を名乗る男が現われる。
祓戸の神は日本神話に出てくる災いを祓う神だ。
彼は詩のコーヒーを気に入り店に顔を出すようになるのだが、それがきっかけで詩は神々のしょうもないゴタゴタに巻き込まれていく。
24hポイント 0pt
小説 143,564 位 / 143,564件 BL 16,406 位 / 16,406件