古書屋を営む私と、変人作家探偵 ―抜刀島連続殺人事件―

 死者から、抜刀島という孤島への招待状が届いた。
 招待状の送り主は、八年前に暴行の末に殺害された「緑川桜子」――彼女の事件は、現在も未解決のまま。

 招待状の受け取り主である、友人小奈津の代わりに、リンコと作家先生は、抜刀島へと向かうことになるが――。

 死者からの招待状。孤島で過ごす二泊三日。
 集められた人々の共通点。
 そして、リンコの過去――。

 閉鎖された島で起こる、連続殺人事件の目的とは。
 古書屋を営む主人公リンコと、同居人の作家先生(偏屈)のお話。

 ※Rは殺人事件のため
 ※こちら、他サイト様にも掲載しております
24hポイント 42pt
小説 12,041 位 / 91,352件 キャラ文芸 312 位 / 2,721件
1 / 3

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

不機嫌な先生は、恋人のために謎を解く

キャラ文芸 / 完結 24h.ポイント:149pt お気に入り:17

須藤先生の平凡なる非日常

キャラ文芸 / 完結 24h.ポイント:127pt お気に入り:20

女嫌い騎士と使用人令嬢 ~愛する姉の夫に、恋をした~

恋愛 / 完結 24h.ポイント:248pt お気に入り:522

殿方逢瀬(短編集)

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:313pt お気に入り:11