ああ、スライム。君はなんておいしいんだ!

スライムはおいしい。マジうまい。何コレ神だ。ないと死ぬ。

ごく一般的錬金術師をやっていた俺はある日奇跡の食べ物に出会った。ぷるぷる震える魅惑の食べ物、スライムだ。あまりのおいしさに天を仰ぐ。我が理想郷はここにあったのだ。
だけども最近市場に出回るスライムの数が減っているらしい。え、本当?このままだと俺の生命維持に支障をきたしますぞ?
安定してスライムを得るためにスライムをテイムしたのだけれど、どうやら貴重なポーションんの材料になると気付いて‥‥?

※※※
スライム好きによるスライム好きの為のスライム冒険記。主人公はハイスペックスライム信者です。冒険もします。ダンジョンにも行きます。スライムを何でもおいしく食べられる人向きの話。
24hポイント 21pt
小説 14,888 位 / 74,503件 ファンタジー 3,123 位 / 21,788件