偽聖女だとバレて追放されました〜本物の力が弱すぎたから、代わりに国を守護していたのですがお払い箱だそうです

「君が偽物の聖女であることはバレてるんだぞ」

私こと、アリシアは婚約者であるこの国の皇太子にパーティーの席で偽聖女だと糾弾され、婚約の解消と国外追放を言い渡されました。
いや、あなたも宰相も早くに皇位継承するために私を偽物だと知った上で婚約しましたよね?
どうやら皇王にすべてがバレてしまったらしく、私を悪者に仕立て上げようとしてるみたいです。

ところで、本物の聖女の力が弱すぎるので、偽物の私が彼女の代わりに結界を張って国を守っていたことは事実なのですが――そんな私を追放処分にして本当に大丈夫なのでしょうか……。
24hポイント 3,429pt
小説 476 位 / 79,607件 恋愛 249 位 / 21,163件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

転生先は盲目幼女でした ~前世の記憶と魔法を頼りに生き延びます~

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:86161pt お気に入り:8280

追放悪役令嬢、只今監視中!

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:47378pt お気に入り:12805

拾ったものは大切にしましょう〜子狼に気に入られた男の転移物語〜

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:74934pt お気に入り:8367

装備製作系チートで異世界を自由に生きていきます

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:8711pt お気に入り:26161