「地味で冴えないお姉様より私が妻になる方が嬉しいでしょう」ですって。辞めておいた方がいいと忠告してるんですがそこまで言うのなら仕方りませんね

内容紹介
 「あらぁ地味で冴えないお姉様ぁ何しに来たのかしら」
 「極潰しのくせに厚かましく食事だけは頂こうなんて、頭おかしいのかしら」
 「私はお姉様のような地味で冴えない平凡容姿と違ってオガフリム大陸1の美少女なのだから、
殿方が幾らでも貢いでくれるわ」
 「お姉様の婚約者のカルタルス様は私が貰ってあげるわ」
 「地味で冴えないお姉様より私が妻になる方が嬉しいでしょう」
 「お前のような平凡容姿よりララシスのような大陸1の美少女を妻にできる方がカルタルス君も幸せだろう」
 「そうよ、こんな失敗作を妻にするなんてカルタルス君が可哀想よ。カルタルス君のためにも身を引きなさい」
 家族はどうしようもない馬鹿でクズなので、婚約者のカルタルスが私を愛している事を知らないようです。
 「辞めておいた方がいいわよ」
 「そこまで言うのなら仕方ありません。忠告はしましたからね」
24hポイント 0pt
小説 105,119 位 / 105,119件 恋愛 29,565 位 / 29,565件