君という光を主と決めた~伝説の殺し屋の息子は表世界で自重しない~

表世界だけで生きる人々は、犯罪という殺しが許される冷たい世界を知らない。

裏世界だけで生きる人々は、生きていく上で感じられる幸せの温かさを知らない。

表と裏の世界の両方を知ることが許された者たちは、世界を牛耳ようとするくせ者たち以外存在せず、今日も穏やかに進む表世界を眺めながら、裏世界で両方の世界を牛耳るために静かな争いを繰り広げる。

そこに正義の文字はなく、止める手の者は世界に殺され、裏世界の人間は、表世界へ行くことが許されず、表世界のものが、一度裏世界に迷い込めば命はない。

ただ、例外が一人・・・いや、二人。伝説の殺し屋と言われた男と、その息子と言われる人物たちだけは、誰にも手が出せない。

あらゆる訓練で伝説の男を越えたと言われる息子16歳が、ついに表世界へ顔を出す。訪れるのは二度目。彼は彼自身の決めた主のために自重をせず、主に尽くすために必要のない高校入学を果たすのだった。

亀更新です。申し訳ありません。
24hポイント 21pt
小説 18,159 位 / 105,107件 BL 3,262 位 / 10,622件