異世界転生で僕に生きる意味をくれたのは殺し屋でした

病気で何もできずに死んでしまった僕。最後まで家族に迷惑をかけ、疎まれ、ただ寝てぼーっとする日々に、何のために生きてきたのかわからない。

生まれ変わるなら健康な体で色んなことをしたい、こんな自分を愛してくれる人と出会いたいと願いながら僕は、15歳という若さで他界した。

そんな僕が次に目を覚ませば何故か赤ちゃんに。死んだはずじゃ?ここはどこ?僕、生まれ変わってる?

そう気づいた頃には、何やら水晶が手に当てられて、転生先の新たな親と思われた人たちに自分の子ではないとされ、捨てられていた。生まれ変わっても僕は家族に恵まれないようだ。

このまま、餓死して、いや、寒いから凍えて赤ん坊のまま死ぬのかなと思った矢先に、一人のこの世のものとは思えない長髪で青く輝く髪と金色に光る冷たい瞳を持つ美青年が僕の前に現れる。

「赤子で捨てられるとは、お前も職業に恵まれなかったものか」

そう言って美青年は、赤ん坊で動けぬ僕にナイフを振り下ろした。

人に疎まれ同士、次第に依存し合う二人。歪んだ愛の先あるものとは。

亀更新です。
24hポイント 71pt
小説 12,026 位 / 143,835件 BL 2,530 位 / 16,424件