太り過ぎて「肉団子」とイジメられ婚約破棄までされた挙句、父に谷底に突き落とされた俺。

ミート・ボール男爵令息はちょっと身体にお肉が付き過ぎた12歳の男の子。

「おら!肉団子!ここは貴族子女が通う学校だ!オードブルが来るところじゃないぞ!」
「なんて醜い身体なのかしら。そんなんで立派な空手家になれると思っているの!?恥を知りなさい!」
「肉団子は食卓に帰れ!」

彼は幼年学校でイジメられていました。
さらに、婚約者であるレタス・サラダ男爵令嬢からも婚約破棄を告げられてしまいました。

そんな彼に愛想を尽かした父・ボール男爵によって、彼は谷底に突き落とされてしまいます。

自分の肉厚の身体によって奇跡的に生きていた彼はそこで仙人に会ったのでした。
24hポイント 14pt
小説 20,839 位 / 105,647件 恋愛 8,807 位 / 29,835件