失恋すると死んでしまう人魚の末裔の私は、たいてい記憶喪失

失恋すると死んでしまう人魚の末裔の私は、たいてい記憶喪失だ。
失恋する度に、博士に薬で記憶を消してもらっているから。

――懐かしい歌声のような波のさやめきと、瞼から染み込んでくる陽の光とで目を覚まし、その日、また、記憶のない「私」は始まった。
――『ちゃあんとあったかい心臓を引っ張り出して食べるのよ』
――私は失恋して、今度こそ死んでしまうべきなのだ



4話完結です。


集英社 短編小説新人賞「もう一歩の作品」
24hポイント 0pt
小説 124,883 位 / 124,883件 恋愛 35,669 位 / 35,669件