ファンタジー 西洋的世界観小説一覧

カテゴリ ファンタジー
タグ 西洋的世界観×
1
虚実の狭間に引いたラインには、必ず、空色の主観が入る。  演技とは無縁の日々を送ってきた傭兵崩れの少年ラキが、ヨルナと名乗る女性に声をかけられた。「魔法俳優」を目指してみないか、と。 「魔法俳優」とは、演技に加え、魔法も超一流である凄腕の俳優のこと。トップスターたるそれになるためには、映像魔法映えする容姿に、演技力はもちろんのこと、身体能力強化魔法に、自分のもう一つの顔となる固有魔法を使いこなせる必要がある。ゆえに、魔法俳優を目指す少年少女は、幼少期から英才教育を受けていることが望ましい。  彼ら彼女らにとって、ミナス俳優養成学校魔法俳優科は、最高の教育機関として憧れの的だった。才能や血縁に恵まれた子であっても狭き門。ヨルナはそこの理事だという。仕事の当てもなく、誘われるまま、ラキは「魔法俳優」の道に足を踏み入れる。幾多の戦場を駆け抜けた百戦錬磨の彼にとっても、言語を絶する修羅の世界と知らずに。 「小説家になろう」でも連載してます。
24hポイント 7pt
小説 31,846 位 / 128,289件 ファンタジー 5,749 位 / 32,686件
文字数 92,354 最終更新日 2021.12.03 登録日 2021.10.02
1