青春 カフェ小説一覧

カテゴリ 青春
タグ カフェ×
5
1
青春 連載中 長編
8月。 蝉が鳴き、森の草木が木陰を作る。 程良く涼しい場所に、木でできた小さな家が建ててある。 中に入ると、バーテーブルに背もたれのない椅子、綺麗に並べられたカップ達。 それを背景にカフェのオーナーは決まってこう言う。 「右奥の席には座らぬよう、お願いします」 シワだらけの顔で、毎日お客にハッキリとそう言うのだ。 その言葉の意味は、誰も知らないし、知ろうとしない。 このカフェには大勢詰めかけるわけでもない。だが、かといって誰一人来ないわけではない。 ただ、個性的なお客が駄弁っていくだけ。 そんなカフェに、少年がやってきて_____
24hポイント 0pt
小説 96,487 位 / 96,487件 青春 3,856 位 / 3,856件
文字数 1,975 最終更新日 2019.02.12 登録日 2019.02.11
2
青春 完結 ショートショート
カフェのがくえん
24hポイント 0pt
小説 96,487 位 / 96,487件 青春 3,856 位 / 3,856件
文字数 531 最終更新日 2017.01.29 登録日 2017.01.29
3
青春 連載中 短編
学歴もある、お金もある、将来もある、何不自由もない生活を送る法学部在学のお嬢様、大城大鳳はとある悩み事から家出をする事を決意した。そんな彼女が住処とするのはなんと、ネットカフェ!? 誰もが悩みを持って生きている、そういった事が伝わる物語。
24hポイント 0pt
小説 96,487 位 / 96,487件 青春 3,856 位 / 3,856件
文字数 3,192 最終更新日 2016.01.26 登録日 2016.01.26
4
青春 連載中 短編
昼はカフェ、夜はバーのマスターをしている伊波悠太郎がお客様のお悩みを聞くお話。 今日はどんなお客様が来るのでしょうか?
24hポイント 0pt
小説 96,487 位 / 96,487件 青春 3,856 位 / 3,856件
文字数 3,012 最終更新日 2016.01.30 登録日 2016.01.30
5
青春 連載中 長編
「エピローグ」 目の前にそびえる洋館に目を奪われた。あたりにはそれ以外なにもなく、重そうなそのドアが僕を見つめる。 意を決してドアを開けるとそこは洒落たカフェだった。赤い絨毯にオレンジの照明。カウンター席とテーブル席があった。まったく人っ気がなかったが奥のテーブル席にひとり人がいる。僕を見るとその人は手招きした。手招きされたのでは仕方ない、その人と対面する形で席に座った。 「よく来たね。」 髪の毛は癖っ毛なのかクルクルしていて肌は白く、目はサファイアのように青い。鼻は高く、外人の方だとすぐに分かった。 返事をしないで相手を見ている僕をみてまた彼は言った。 「よく来たね。」 「はぁ、でもカフェに来るつもりなんてなかったんですけど…。」 相手の方が大人、僕は高校生なので敬語を使った。 「それはそうだろうな。」 彼は笑って言った。 「どういうことですか?」 なぜこんなとこにいるんだろう…。 なにをしていたんだろう…。 「わからないのも無理はない。まず一つ一つ思い出して私に話たまえ。」 「はぁ…」 「おっとすまない、自己紹介はまだだったな私はアントニヌスだ、よろしく。」 「はい、よろしくお願いします。僕の名前は……。 僕の名前は……。 ***
24hポイント 0pt
小説 96,487 位 / 96,487件 青春 3,856 位 / 3,856件
文字数 3,475 最終更新日 2015.12.28 登録日 2015.12.28
5