小説 一覧

タグ 第6回BL小説大賞×
4
1
BL 連載中 長編 R18
すずひです。 1作目と並行で投稿します。 よろしくお願いします。 ※少しずつ訂正しています…… 《あらすじ》 小さい頃から自慰だと知らず乳首を弄っていた愁里は乳首が性感帯になってしまっていた。 乳首は年々敏感になっていき、シャツに擦れたり、少し刺激があったりしただけで感じてしまう。 大学を卒業してから就職をはじめるが、どこを受けても不採用ばかり…… そんなある日、困り果てていた所にある男性に声を掛けられる。 彼の名は、雅斗。 彼は愁里の現状を理解して、あるおもちゃ会社を紹介してもらえることになった。 なんと、俺はそこで働けることになり浮かれるのだが、その会社は大人のおもちゃを作っているのだと明かされる。 愁里は嫌々そこで働くことになるが社内でも乳首は敏感になっていて、雅斗にそれがバレてしまう。 それのせいで愁里はおもちゃの試用実験の担当になってしまう。 快楽に溺れ、淫らになっていく愁里の行く末は……。
24hポイント 284pt
小説 2,539 位 / 41,072件 BL 279 位 / 3,237件
文字数 43,168 最終更新日 2018.11.30 登録日 2018.10.25
2
BL 完結 短編
幼馴染 隙杉 天利 (すきすぎ あまり)はヤンデレだが主人公 花畑 水華(はなばた すいか)は全く気づかない所か溺愛されていることにも気付かずに ただ友達だとしか思われていないと思い込んで悩んでいる超天然鈍感男子 天利に恋愛として好きになって欲しいと頑張るが全然効いていないと思っている。 可愛い(綺麗?)系男子でモテるが天利が男女問わず牽制してるためモテない所か自分が普通以下の顔だと思っている 天利は時折アピールする水華に対して好きすぎて理性の糸が切れそうになるが、なんとか保ち普段から好きすぎで悶え苦しんでいる。 水華はアピールしてるつもりでも普段の天然の部分でそれ以上のことをしているので何しても天然故の行動だと思われてる。 イケメンで物凄くモテるが水華に初めては全て捧げると内心勝手に誓っているが水華としかやりたいと思わないので、どんなに迫られようと見向きもしない、少し女嫌いで女子や興味、どうでもいい人物に対してはすごく冷たい、水華命の水華LOVEで水華のお願いなら何でも叶えようとする 好きになって貰えるよう努力すると同時に好き好きアピールしているが気づかれず何年も続けている内に気づくとヤンデレとかしていた 自分でもヤンデレだと気づいているが治すつもりは微塵も無い そんな2人の両片思い、もう付き合ってんじゃないのと思うような、じれ焦れイチャラブな恋物語
24hポイント 205pt
小説 3,319 位 / 41,072件 BL 353 位 / 3,237件
文字数 11,921 最終更新日 2018.12.14 登録日 2018.10.30
3
BL 連載中 長編 R15
鎧の男に目の前で弟を殺された。それは直哉の日常が終わる瞬間だった。犯人の男は光に包まれて消えてしまい、何もなすすべはないと思われた。それから2年が過ぎたある日、直哉は突然異世界へと転移される。 「この世界にあの男がいる」。そう確信した直哉は弟の仇を探す旅に出る───── ※攻めが出てくるのはだいぶ先です。 ※10話までは1日2話投稿、その後は不定期更新となります。
24hポイント 21pt
小説 9,519 位 / 41,072件 BL 1,274 位 / 3,237件
文字数 49,424 最終更新日 2018.11.17 登録日 2018.10.30
4
BL 完結 長編
「契約は結ばれました。マスター何なりとご命令下さいませ」  俺、中村 圭、現在32才独身。本来なら一人寂しく誕生日を迎えるはずが、今は喪服に身を包み実家へと帰ってきていた。  突然の悲報、高校卒業以来あっていなかった親父が死んだ。  親父の葬儀が終わり遺品整理の為、山積のまま埃を被っていた書庫の片付けをしていた。  そこで偶々手に取った一冊の本、表紙にも何も刻印されていないのが気になって中を開くと現れた一人の青年。  夢でも幻でも白昼夢でもなく、目の前に突然現れたのだ。  尽くしたがりの本の精霊と一人でなんでもこなしてしまうおっさんのラブコメディ。  なんだかんだで甘々な二人の日常、そして、二人が迎える結末...  微笑ましさと、ときめきと、最後にじんわりくるストリーをどうぞお楽しみくださいませ!! *11月より投票開始の第6回BL小説大賞にエントリーしました!!
24hポイント 0pt
小説 41,072 位 / 41,072件 BL 3,237 位 / 3,237件
文字数 37,005 最終更新日 2018.10.27 登録日 2018.10.22
4