ダーク系?小説一覧

タグ ダーク系?×
3
魔法を行使する存在ーー魔導師の中で魔法の真髄、魔導に至った存在【大賢者】。そんな大賢者である青年・シノ。 彼はある日、一人の「化物」と呼ばれた少女と出会った。 「ーーどうだ。俺の弟子にならねぇか?」 大賢者の青年と化物と呼ばれた少女。 これはそんな師弟が歩む物語。 #更新目標は週一本で曜日指定なし #投稿時間は朝8時固定です #初投稿なので色々大目に見て下さい
24hポイント 0pt
小説 57,571 位 / 57,571件 ファンタジー 18,857 位 / 18,857件
文字数 20,887 最終更新日 2019.03.08 登録日 2019.02.26
2
恋愛 完結 ショートショート
「理系メガネ男子と先輩女子の、ちょっとミステリアスな恋愛描写」 というイメージが先行して書いたショートショートストーリーです。 私は普段から「今、手にしているものがゆくゆくは無くなってしまう」ことを思ってちょっと寂しくなってしまう傾向にあります。 それからちょうど桜が散っていっている時期ですが、やっぱり桜に対しても「満開の時期は嬉しいけれどすぐ散っちゃうね、散る桜ももちろん好きだけれどまた来年までの時間の方が長いね」と思うので、こういう二つの気持ちをベースにして書いた感じです。 陶子さんは実在したのか? ワタヌキくんって実は危ない奴? 「ハンバーグの肉」というワードを入れたおかげでちょっと捻くれた読み方ができるようになってしまったのは、私が厨二臭いから???
24hポイント 0pt
小説 57,571 位 / 57,571件 恋愛 13,755 位 / 13,755件
文字数 3,929 最終更新日 2019.04.20 登録日 2019.04.20
3
SF 連載中 短編
────理不尽なこの世界って、間違ってないか? 人類って存続する意味ある?  中二病を少し長引かせて高校2年生になってしまった、目春流星。そんな中、地球に小惑星「ギーベリ」が近づき、間もなく人類は流星が願う滅びへと向かう……はずだった。  ロシアの開発した兵器により、小惑星ギーベリは破壊される運命に置かれた。だが、そんな小惑星ギーベリは意思を持っていた。滅び、の名をつけられた小惑星が、そんな簡単に消えるわけもない。そしてギーベリは流星の元へ現れ、滅びの概念を託していく。  こうして、流星はギーベリにより、滅びの概念を体に宿すこととなった。理不尽で、意味も目的も、価値も感じられないこの人類を変えるため、流星は中二病心で────人類を滅ぼす。
24hポイント 0pt
小説 57,571 位 / 57,571件 SF 1,941 位 / 1,941件
文字数 8,584 最終更新日 2019.06.04 登録日 2019.04.22
3