バカ勇者小説一覧

タグ バカ勇者×
2
「この先の戦いにお前は必要ない」 そう言われて勇者パーティのメンバーから外されたネクロマンサーのレイル。 確かに彼は戦闘では全く役に立たない上に、肝心の蘇生魔法も誰も死なないから使われる事はなかった……はずだった。 でも実際はレイル以外は全員戦闘で何度も死んでいて、その度に直前の記憶を失う代償付きでレイルに蘇生をしてもらっていたおかげでここまでこれていたのだ。 さらに必ず最後まで生き延び、彼らが倒しきれなかった敵を処理していたのはレイルだった。 それを知らなかった勇者達はすぐに彼の存在の大きさを知ることになる。 一方のレイルはと言うと、もう彼らの面倒を見る必要がないと言うことで久しぶりに故郷に帰ることになるのだが…… ※タイトル仮変更しました
24hポイント 6,901pt
小説 324 位 / 80,651件 ファンタジー 100 位 / 23,188件
文字数 97,905 最終更新日 2020.08.14 登録日 2020.04.15
娯楽という文化が存在しない魔法世界イシュラナ 殺戮と食の文化しかなく、知識もごくごく平凡なことにしかない世界に平凡な男、霧山頭は飛ばされた。 霧山は飛ばされる直前までいたライブ会場とは違うその場所に戸惑った。 隣からヒステリックな声が聞こえ見れば、そこには主人公が愛してやまない声優アイドルの種村雪菜がいたのである。 「無理なものは無理なのよ!」 彼女が言っている相手の存在に霧山も気づく。 自分たちの前にローブを着込んだ珍妙な集団の存在に。 そんな不気味な集団を前にして愛してやまない女の子は 恐怖にヒステリックを起こしつづけ、かばうように守る。 しかし、彼女は男性が苦手な女の子だったのだ。 さらなるヒステリーを起こし突然のパニックへ。 ローブの集団はお構いなく霧山へ伝えた。 「勇者様! おお、なんと神々しい剣をお持ちで!」  ただのライバーだった霧山頭が愛する声優さんと異世界へと勇者召喚されたのだと知った。  ――ライバー霧山頭と声優の種村雪菜の二人による異世界革命の物語である
24hポイント 7pt
小説 20,480 位 / 80,651件 ファンタジー 4,708 位 / 23,188件
文字数 28,501 最終更新日 2020.08.14 登録日 2020.04.29
2