玖遠紅音

玖遠紅音

くおんあかね。いろいろ書いていきます。
3
恋愛 連載中 ショートショート
侯爵令嬢レフィリア・レーンブルグは、次期王妃候補と名高い優秀な淑女だった。 しかしある日、ライバルだったベネットに嵌められて浮気現場と勘違いされる場面を抑えられてしまい、その悪評を消すことが出来ずにレフィリアは出世候補から外されてしまう。 さらに平民からの人気が高いレフィリアを疎ましく思ったベネットは彼女を辺境まで追放することを決定。ついでにレーンブルグ侯爵家もほぼ没落状態にまで追い込んだ。 しかしレフィリアは追放先の寂れた村で瞬く間に人望を得て、さらに村を悩ませていたダンジョンの主精霊にも気に入られることに成功。 レフィリアは己の知識とダンジョンの豊富な資源、そして実は非常に優秀だった村人たちと協力してレーンブルグ家復興に向けて成り上がりを始めるのだった……
24hポイント 71pt
小説 12,052 位 / 128,118件 恋愛 5,662 位 / 38,073件
文字数 1,810 最終更新日 2022.01.10 登録日 2022.01.10
リセマラ廃人で絶望的に運の悪かった大学生の主人公は、ある日神様の不手際によって死亡し、異世界に転生することになる。 そこで主人公はあらゆる障害を無視することができるSSS級スキル「すり抜け」を手に入れるのだが、彼の兄弟が大当たりである「神格武装顕現」を手に入れてしまい、その年に排出されるSSS級スキル2つのうちどちらかは大外れのマイナススキルであると言う予言を理由に実家から追い出されてしまう。 ここはスキルの強さで評価が大きく変わる異世界。主人公は一度は絶望するも、徐々に「すり抜け」の使いやすさと強さに気づいていき、最終的に「あれ? これ別にハズレじゃなくね?」と気づいてしまう。 それならばこの力を使って存分に異世界を楽しんでやろうと、彼の物語がスタートした。
24hポイント 986pt
小説 1,936 位 / 128,118件 ファンタジー 332 位 / 32,661件
文字数 75,869 最終更新日 2022.01.05 登録日 2021.12.21
旧題:ネクロマンサーは死者と舞う 「この先の戦いにお前は必要ない」 そう言われて勇者パーティのメンバーから外されたネクロマンサーのレイル。 確かに彼は戦闘では全く役に立たない上に、肝心の蘇生魔法も誰も死なないから使われる事はなかった……はずだった。 でも実際はレイル以外は全員戦闘で何度も死んでいて、その度に直前の記憶を失う代償付きでレイルに蘇生をしてもらっていたおかげでここまでこれていたのだ。 さらに必ず最後まで生き延び、彼らが倒しきれなかった敵を処理していたのはレイルだった。 それを知らなかった勇者達はすぐに彼の存在の大きさを知ることになる。 一方のレイルはと言うと、もう彼らの面倒を見る必要がないと言うことで久しぶりに故郷に帰ることになるのだが…… ※書籍化に合わせてタイトル変更いたしました。
24hポイント 92pt
小説 10,434 位 / 128,118件 ファンタジー 1,867 位 / 32,661件
文字数 147,134 最終更新日 2021.03.20 登録日 2020.04.15
3