対魔師小説一覧

タグ 対魔師×
3
「転移少女百合魔界~魔界へ転移した彩花とクリスティア、そこには女の子しかいない新たなる世界~」 (シリーズ作品)を始めさせて頂く直前に書かせて頂いた短編作品になります。 ※当作品には、百合要素が含まれています。 物語は、魔族であるリリスティア=カーマイオーネが主体となり、 対魔師を洗脳し、眷属として仲間に加え、人間界を支配しようと企む内容ですが?・・・ それでは、リリスティアからのあらすじ紹介に移ります。以後は本編にて・・・
24hポイント 7pt
小説 20,872 位 / 86,648件 ファンタジー 4,725 位 / 24,797件
文字数 20,197 最終更新日 2020.10.07 登録日 2020.10.07
ごく普通の女子高校生の黒澤 彩花 (くろさわ あやか)、そしてとある小さな国のお姫様であるクリスティア=カーマイオーネ。 クリスティアは自身の国が魔族によって滅ぼされてしまいそうになった時、日本にいる対魔師と呼ばれる存在を知り対魔師である黒澤 鷹人に協力を要請した。 それ以来お互いの親睦が深まりクリスティアは自身の要望もあり、日本で対魔師の事について勉強も兼ね留学して来た。鷹人のフィアンセの舞花も対魔師をしていたがその間に生まれた娘である彩花と共に同じクラスに在籍し、日本では黒澤家に厄介になっていた。 ある日、同じクラスで学校内の情報屋と呼ばれる新聞部の羽井賀 聖(はいが ひじり)に学園7不思議には8つ目の不思議が存在している事を耳にする。 その8つ目の不思議とは、学園の3階の階段フロアで深夜0時になると階段が出現し4階が存在すると言うもの・・・ それを聴いた彩花は冗談話だろうと笑いながら話を流していた。 一方クリスティアは、何かが引っ掛かっていた。 それは、自身の国を魔族たちに滅ぼされようとしていた為であった。 ひょっとするとその階段の上には魔界へ繋がるゲートの様なものが存在していたのだろうか? その様にクリスティアが真剣に考えていると、帰宅後、彩花から昼間学校で笑い飛ばしていたとは考えられない様な発言を口にする。 彩花もまた、階段の存在は事実では無いかと・・・ その日の真夜中、ふたりは確認すべく学校の3階の階段のあるフロアで確かめてみることに・・・実際に0時になり何事も無いと確信を持ったクリスティアが彩花に「帰ろう」と申し出ようとしたその時だった!?・・・ 眩しい光が現れると同時に4階へと進む為の階段が目の前に現れふたりは早速昇って行く事に・・・そしてゲートが存在していた為進んで行く事にしたふたりだったが・・・
24hポイント 0pt
小説 86,648 位 / 86,648件 ファンタジー 24,797 位 / 24,797件
文字数 104,043 最終更新日 2020.10.31 登録日 2020.10.31
俺の名前は角崎 剣伍 どこにでもいる普通の勉強に疲れた高校生なんだが、ひょんな事で足を踏み入れてしまった世界が俺の人生を変えていく。 ご覧頂きありがとうございます。 小説家になろう様、カクヨム様にも掲載しております。
24hポイント 0pt
小説 86,648 位 / 86,648件 ファンタジー 24,797 位 / 24,797件
文字数 6,349 最終更新日 2019.04.14 登録日 2019.04.14
3