神父の正体小説一覧

タグ 神父の正体×
2
1
恋愛 完結 短編
主人公が愛した男には、すでに身分違いの平民の恋人がいた。 貴族の娘であり、正妻であるはずの彼女は、誰も来ない離れの窓から幸せそうな彼らを覗き見ることしかできない。 愛されることもなく、夫婦の営みすらない白い結婚。 三年が過ぎ、義両親からは石女(うまずめ)の烙印を押され、とうとう離縁されることになる。 そして彼女は結婚生活最後の日に、ひとりの神父と過ごすことを選ぶ。 誰にも言えなかった胸の内を、ひっそりと「彼」に明かすために。 これは婚約破棄もできず、悪役令嬢にもドアマットヒロインにもなれなかった、ひとりの愚かな女のお話。 この作品は小説家になろうにも投稿しております。 扉絵は、汐の音様に描いていただきました。ありがとうございます。
24hポイント 49pt
小説 11,938 位 / 125,180件 恋愛 5,208 位 / 35,778件
文字数 4,454 最終更新日 2019.11.25 登録日 2019.11.25
とある宗教都市にある異端者が神父を務める教会があった。そこでの宗派は「肉欲」は罪ではなく、むしろ歓迎すべき喜びである、と。その教会は異端者の教会として宗教都市の他の教会からは忌み嫌われていた。その異端者は半分人間、半分悪魔の子であった。やがてある野心を胸に朱色の瞳を持つ神父は夜の宗教都市を駆け巡る。歪んだ性愛の果てに待っているのは朱色の魔王の愛か?悪夢か?呪いか?ガチ近親相姦のダークファンタジー小説です。
24hポイント 7pt
小説 26,277 位 / 125,180件 ファンタジー 5,124 位 / 32,271件
文字数 92,310 最終更新日 2021.03.09 登録日 2021.02.01
2