亡国の王子小説一覧

タグ 亡国の王子×
2
1
恋愛 連載中 長編 R15
大規模な自然災害により絶滅寸前となった兎耳族の生き残りは、大帝国の皇帝の計らいにより宮廷で保護という名目の軟禁下に置かれている。 彼らは宮廷内の仕事に従事しながら、一切の外出を許可されず、婚姻は同族間のみと定義づけられ、宮廷内の籠の鳥と化していた。 そんな中、宮廷薬師となった兎耳族のユーファは、帝国に滅ぼされたアズール王国の王子で今は皇宮の側用人となったスレンツェと共に、生まれつき病弱で両親から次期皇帝候補になることはないと見限られた五歳の第四皇子フラムアーク付きとなり、皇子という地位にありながら冷遇された彼を献身的に支えてきた。 フラムアークはユーファに懐き、スレンツェを慕い、成長と共に少しずつ丈夫になっていく。 だがそれは、彼が現実という名の壁に直面し、自らの境遇に立ち向かっていかねばならないことを意味していた―――。 柔和な性格ながら確たる覚悟を内に秘め、男としての牙を隠す第四皇子と、高潔で侠気に富み、自らの過去と戦いながら彼を補佐する亡国の王子、彼らの心の支えとなり、国の制約と湧き起こる感情の狭間で葛藤する亜人の宮廷薬師。 三者三様の立ち位置にある彼らが手を携え合い、ひとつひとつ困難を乗り越えて掴み取る、思慕と軌跡の逆転劇。
24hポイント 0pt
小説 111,849 位 / 111,849件 恋愛 32,113 位 / 32,113件
文字数 319,794 最終更新日 2021.07.17 登録日 2020.01.10
2
BL 連載中 長編 R18
兄王に地下牢へ幽閉されていた私―――イオリスは、戦で兄王が亡くなり解放された。 敵国の王は、『お前は、私の番(つがい)だ』と言ってきた。 降参を敵国に示し、自身だけが首を刎ねられることを覚悟していた私に。 しかし、一度しか会った事がないが、私には女性……運命の相手がいるはずで――――。 ※注意:オメガバース設定。
24hポイント 0pt
小説 111,849 位 / 111,849件 BL 11,273 位 / 11,273件
文字数 24,759 最終更新日 2020.12.31 登録日 2016.06.19
2