妖精のおっさん小説一覧

タグ 妖精のおっさん×
1
 フレイオージュ・オートミールは「魔帝ランク」である。  一色の魔法使い「ただの魔法使いランク」は、それなりにいる。  二色の魔法使い「魔鳥ランク」は、まあまあいる。  三色の魔法使い「魔王ランク」は、かなり珍しい。  四色の魔法使い「魔竜ランク」は、非常に珍しい。  五色を有する「魔帝ランク」は、数百年に一人という稀有な存在であった。  外敵から身を守るように。  また、外部要因で当人の人格や性格を歪ませないように。  オートミール家の箱庭で純粋培養で育てられた彼女は、十年ぶりに外出し、魔法騎士の士官学校に通うことになる。  特に問題もなく、順調に、しかし魔帝に恥じない実力を見せつけた一年間を経た、士官学校二年目の初日。  彼女は、おっさんの妖精と出会うことになる。  
24hポイント 14pt
小説 19,779 位 / 96,263件 ファンタジー 3,820 位 / 26,115件
文字数 166,790 最終更新日 2021.01.26 登録日 2020.04.24
1