殺処分小説一覧

タグ 殺処分×
3
可愛いといわれて家族になりました めんどくさいといわれて相手にされなくなりました 可愛くないと言われて孤独になりました 僕らのような子は沢山います。 捨てられたりします。 ひどい暴力を受けたりします。 引き取られたりします。 もう一度家族になってくれる人もいます。 でも、僕らは家族になってくれる人はいませんでした。 窓のない部屋に入れられて、苦しくなって死にました。 家族を探してさ迷って、死にました。 虹の麓にいるけれど、僕を迎えてくれる人はいないのです。 誰か。僕を家族と思ってくれる人はいませんか? 誰か。誰か。 僕らを大事にしてくれる人はいませんか? 内容 捨てられた犬や猫目線のお話です。 沢山の動物が家族として迎えられ、沢山の動物が捨てられ、殺処分を受けたり、保護されています。 どうか、家族として受け入れる前に考えてください。 自分達は幸せに育てることができますか。 自分達は責任を持って、家族の一員として引き取ろうとしていますか。 どうか、命を捨てないでください。 どうか、彼らを愛してください。 どうか、ファッションとして彼らを家族にしないでください。 どうか、彼らと幸せに生きてください 以前書いていた、虹の橋をわたる前にを書き直しています。 といっても、前作はプロローグで終わっていたのでこれが本編と思ってくれるとありがたいです。 三匹目で一旦終了です。 四匹目からはまた、他の物語が終わってからになります。それまでおまちを
24hポイント 0pt
小説 68,182 位 / 68,182件 キャラ文芸 1,854 位 / 1,854件
文字数 8,780 最終更新日 2020.03.05 登録日 2019.05.31
捨てられた老犬ポチの儚い一生を綴った悲話。そこにあるのは愛か死か、家族の絆についてのお話です。悲痛なる愛犬の叫び、殺処分ゼロへの道は遠く儚く虚しい。今日もまた1匹、2匹と保健所に飼い犬が持ち込まれる。彼らにも心があり、人間と同じ生き物であるはずなのに・・・。「愛犬が殺処分されるまで。家族の絆、動物愛についてのお話」。捨てられた老犬ポチの儚い一生を綴った悲話。保健所で朝を迎えるポチ。ポチは明日を迎えることができるのか? ポチの運命や如何に。
24hポイント 0pt
小説 68,182 位 / 68,182件 ライト文芸 2,728 位 / 2,728件
文字数 13,877 最終更新日 2018.01.08 登録日 2018.01.08
人の為に犠牲になる牛、牛が殺処分されるまでの短い記録。人が生きていくうえで小さな無数の命が犠牲になっていること忘れないでほしい。家畜である牛が食用の肉になるまで、人間のために犠牲になる牛についてふれた『屠殺場、牛殺しの政』。命の尊さ、命とは何かに触れたカオスな小説です。命を紡ぐのに、多くの植物、牛や豚。無数の魚の命が犠牲になってること、あなたは考えたことがありますか?
24hポイント 0pt
小説 68,182 位 / 68,182件 ライト文芸 2,728 位 / 2,728件
文字数 10,427 最終更新日 2018.01.08 登録日 2018.01.08
3