ともだち小説一覧

タグ ともだち×
3
私立、マッスル高校。 理事長〝益田マスオ〟の、 『日本をクレイジーにしたい』 という理念のもと、 数年前に創立された学校である。 創立記念の記者会見の場で、 地元新聞の記者、 フクナガ氏は質問した。 「理事長、なぜ、マッスルなんですか?」と。 理事長、益田マスオは、黙殺したという。 「クレイジーにしたいとは、どういう意味ですか?」 フクナガ氏は、食い下がった。 理事長は、しばし悩んだのち、 こう言ったという。 「いい質問だ」と。 そして、 記者会見は終了した。 のちに、理事長、益田は語っている。 「〝ほめる〟という答えがあっても、いいのじゃないかね?」と。 ちなみに、そのインタビューをしたのも、 フクナガ氏であった。 フクナガ氏は思ったという。 「こいつは、クレイジーだぜ」と。 このエピソードは、 物語とは、何ら関係はない。 こういうと、 きみたちは質問したくなることだろう。 『じゃあ、なぜ書いたんですか?』と。 ワタシは答える。 『いい質問だ』と。
24hポイント 28pt
小説 13,044 位 / 80,011件 大衆娯楽 244 位 / 2,478件
文字数 25,579 最終更新日 2019.05.05 登録日 2019.04.22
光の巫女と明るいお化けが、明るく旅をして、大切な友達と出会う話しです。 そして、ヤミノオウを封印しに行きます。 ミカちゃんが、15才頃のお話しです。
24hポイント 7pt
小説 20,303 位 / 80,011件 ファンタジー 4,616 位 / 23,034件
文字数 224,852 最終更新日 2020.08.05 登録日 2019.12.11
友達のハカセと自由研究の宿題をしている最中に、ハカセが大怪我をして入院してしまった。 ある日、夏休みの宿題を一緒に済ませていると、ハカセ宛に暑中見舞いが来ていることに気が付く 数年前に分かれたハカセの母親からだ。ヨッサはハカセの母親をお見舞いに誘おうと決心する 途中、迷子の子猫の処遇に困っていたガリガリを仲間にした。 事故で死んだ子犬の処遇に困っていたバイソンを仲間にした。 街中をフラフラと徘徊していた変わり者のサボリを仲間にした。 そして、四人でハカセの母親に会いに行く冒険が始まった。
24hポイント 0pt
小説 80,011 位 / 80,011件 ライト文芸 3,655 位 / 3,655件
文字数 50,464 最終更新日 2020.05.06 登録日 2020.04.27
3