第3回キャラ文芸大賞終了

第3回キャラ文芸大賞

選考概要

前回の応募数を上回るエントリーとなった、第3回キャラ文芸大賞。編集部内で最終的に大賞候補作としたのは、「東京税関調査部、西洋あやかし担当はこちらです。~視えない子犬との暮らし方~」「あやかし薬膳カフェ「おおかみ」」「うちのあやかし、腐ってます。<古民家に住む漫画家のスローじゃないライフ>」「あやかし猫の花嫁様」「護堂先生と神様のごはん」「恋文やしろのお猫様 ~神社カフェ桜見席のあやかしさん~」「ここは裏町、私はキツネ、恋する乙女は今日(京)を行く」「尾道神様のレストラン~神様の料理人と探しモノ~」「妖精の待つ公園で、ビールを一缶飲み交わす」「~鎌倉あやかし奇譚~ 龍神様の許嫁にされてしまいました」「あやかし姫を娶った中尉殿は、西洋料理を食べ歩く」「純喫茶カッパーロ」「懐古奇譚 霊媒堂猫の手~放浪店主は怪異収集家~」「お狐様とひと月ごはん ~あやかし屋敷の期間限定お嫁入り~」「お昼寝カフェ【BAKU】へようこそ!―リーマンと夢喰いバクの悪夢駆除記―」「お耳拝借、うらめしや」「エニグマ~あやかしたちの集うお悩み相談喫茶店~」「岩清水市お客様センターは、今日も奮闘しています」「和カフェ『ふなば』の楓太さん」の19作品。

これらの候補作品の中で、完成度が高く編集部内で最も評価された「東京税関調査部、西洋あやかし担当はこちらです。~視えない子犬との暮らし方~」を大賞に選出。またテーマ別賞として、その土地ならではの魅力を描いた「尾道神様のレストラン~神様の料理人と探しモノ~」をご当地賞、独自の世界観とあやかしの設定をうまく絡めた「あやかし姫を娶った中尉殿は、西洋料理を食べ歩く」をあやかし賞、優しいストーリーに食の描写が映えていた「護堂先生と神様のごはん」をグルメ賞とした。さらに、テーマ別賞には一歩及ばなかったものの、設定に目新しさがあり勢いを感じた「うちのあやかし、腐ってます。<古民家に住む漫画家のスローじゃないライフ>」、女性読者が好みそうな要素の詰まった「あやかし薬膳カフェ「おおかみ」」の2作品を特別賞に選出し、最終選考に残ったものの惜しくも受賞に至らなかった作品を奨励賞とした。

「東京税関調査部、西洋あやかし担当はこちらです。~視えない子犬との暮らし方~」は、「西洋あやかし」が巻き起こす事件を、主人公が訳あり上司とともに解決していく作品。バティものとしての読み応えも抜群で、各話の完成度が非常に高かった。

「尾道神様のレストラン~神様の料理人と探しモノ~」は、「思い出の料理」を提供してくれるレストランの物語。舞台となっている尾道の民間伝承も織り込まれ、じんわり胸に沁みるエピソードが丁寧に描かれていた。

「あやかし姫を娶った中尉殿は、西洋料理を食べ歩く」は、堅物で不器用な軍人と西洋料理に憧れる妖狐の恋模様を描いたお話。人間とあやかしが共存する「帝都」という世界観が、ストーリーをより引き立てていた。

「護堂先生と神様のごはん」は、心優しい中学校教諭が、親戚から譲り受けた家で神様と同居するというストーリー。食への関心が尽きない神様の描写が親しみやすく、心がほっこりと温まる作品だった。

「うちのあやかし、腐ってます。<古民家に住む漫画家のスローじゃないライフ>」は、漫画家の主人公が、腐男子の白狐に協力してもらいBL漫画を描き上げていくお仕事小説。会話のテンポが絶妙で、勢いのある展開だった。

「あやかし薬膳カフェ「おおかみ」」は、人生をリセットした主人公が、物の怪の血を引く青年二人と薬膳カフェで働く物語。小さなあやかしたちが愛らしく、キャラクターの心情も丁寧に描写されていた。

開催概要はこちら
応募総数766作品 開催期間2020年01月01日〜末日

編集部より

あやかしによる事件という王道テーマに、他にはあまり見られない西洋あやかしが加わり、非常に読者を惹きつける設定となっていました。また各エピソードが丁寧かつ面白くまとまっており、あやかしの描き方も大変魅力的でした。


編集部より

ポイント最上位作品として、“読者賞”に決定いたしました。少しおませな伯爵令嬢と苦労性な美形執事のやりとりが軽妙で、テンポよく読み進めることができました。主人公が死霊術師としてどう成長していくのか、先の展開が気になる作品でした。


編集部より

尾道、レストラン、神様、イケメンと、キャラ文芸のツボがしっかり押さえられていて、非常に楽しく読め進められました。風景や食事シーンの描写、そして何よりキャラクターの心情描写が丁寧で、グッと引き込まれます。


編集部より

堅物軍人とあやかし姫のカップルがとても可愛らしく、出会いから結婚するまでの感情の変化がうまく描かれていました。二人を囲むサブキャラクターたちも魅力的で、独特の世界観とストーリーが見事に融合した作品でした。


編集部より

真面目な中学校教諭・護堂先生と、食いしん坊な神様の不思議な同居生活があざやかに描かれている作品でした。一見非現実的に感じられる要素も、日常の中に自然と組み込まれており、丁寧な心理描写にも好感が持てます。


編集部より

ボーイズラブを嗜むあやかしに、漫画家の主人公がBL指南を受けるという展開がキャッチーで、目新しさを感じました。くすりと笑えるシーンも多く、漫画作品を生み出す過程が魅力たっぷりに描かれていると思います。


編集部より

薬膳、あやかし、カフェといった女性に人気の設定を用いて現代を生きる人たちの辛さを癒す物語に訴求力を感じました。またキャラクター性の違う二人のイケメンと共に仕事を頑張る明るい主人公の姿がとても魅力的です。

※受賞作については大賞ランキングの最終順位を追記しております。

投票ユーザ当選者

投票総数2,863票 当選10名