お狐様とひと月ごはん 〜屋敷神のあやかしさんにお嫁入り?〜

『美詞(みこと)、あんた失業中だから暇でしょう? しばらく田舎のおばあちゃん家に行ってくれない?』

◆突然の母からの連絡は、亡き祖母のお願い事を果たす為だった。その願いとは『庭の祠のお狐様を、ひと月ご所望のごはんでもてなしてほしい』というもの。そして早速、山奥のお屋敷へ向かった美詞の前に現れたのは、真っ白い平安時代のような装束を着た――銀髪狐耳の男!?

◆彼の名は銀(しろがね)『家護りの妖狐』である彼は、十年に一度『世話人』から食事をいただき力を回復・補充させるのだという。今回の『世話人』は美詞。

 しかし世話人は、百年に一度だけ『お狐様の嫁』となる習わしで、美詞はその百年目の世話人だった。嫁は望まないと言う銀だったが、どれだけ美味しい食事を作っても力が回復しない。逆に衰えるばかり。
 そして美詞は決意する。ひと月の間だけの、期間限定の嫁入りを――。

◆三百年生きたお狐様と、妖狐見習いの子狐たち。それに竈神や台所用品の付喪神たちと、美味しいごはんを作って過ごす、賑やかで優しいひと月のお話。

◆『第3回キャラ文芸大賞』奨励賞をいただきました!ありがとうございました!
24hポイント 63pt
小説 12,849 位 / 128,141件 キャラ文芸 277 位 / 3,410件
1 / 2

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!