紅雪

紅雪

通勤時や昼休みに書いてます。更新はのんびりめです、すいません。
7
久々に出社した俺は、後輩と飲みに行くことになった。他の同僚とは都合が合わず、二人だけでの飲みになったわけだが。そこそこの見た目だから、お持ち帰りでもしてやろうかと目論んで。 俺は脂の乗った35歳、普通のサラリーマンだ。ちなみに腹に脂が乗っているわけじゃねぇ、年齢的にって意味だ。まだ遊びたい年頃なんだろう、今のところ結婚も考えて無い。だから、後輩をお持ち帰りしてもなんの問題も無い。 そんな後輩と会社から近い有楽町に、二人で歩いて向かっていると、ろくでもない現場に出くわした。しかも不運な事にその事件に巻き込まれてしまう。何とか後輩は逃がせたと思うが、俺の方はダメっぽい。 そう思ったのだが、目が覚めた事で生きていたのかと安堵した。が、どうやらそこは、認めたくは無いが俺の居た世界では無いらしい。ついでに身体にまで異変が・・・ ※小説家になろうにも掲載
24hポイント 21pt
小説 18,580 位 / 99,817件 ファンタジー 3,524 位 / 26,863件
文字数 221,391 最終更新日 2021.04.16 登録日 2021.01.08
***予告*** A.D2019 雪待数音 水奈月莉菜 出会い 同年、交際を始める   A.D2024 雪待数音 水奈月莉菜 大学を卒業してすぐに結婚 A.D2025 雪待家 第一子生誕 長男 晶杜(あきと)と命名 A.D2039 最新ハイスペックゲーム機 UR2 発売 A.D2040 待望のDead End War Symphonia RT:2 発売 「わたくしはこんな結婚、望んでなんかいませんわ・・・」 「よっしゃ、ついに来たぜ!DEWS RT:2!」 「早速始めねーとな。」 「ご飯前には一旦止めなさいよ。」 「片田舎の子爵令嬢が口を挟む事ではありませんわ。」 「鳳隆院財閥なんて聞いた事がありませんわ、わたくし辺境の地まで存じ上げませんもの。」 『で、どっちの話しを受け入れるんですの!?』 「プログラムが正常に実行されました。」 「これで、存在の証明が確認されたわけだ。」 「一旦様子を見よう。そのプログラムはサーバーから削除しておけ。」 「ちょっと待て、このモンスター強くないか!?」 「痛いっ!・・・」 「思わず言っちゃうんだよな、実際には痛く無いんだけど。」 「え・・・血が飛び散るエフェクトはあっても、プレイヤーから血が流れるのは、変だろ・・・」 ***予告終了*** ***caution*** ラウンドトリップの未来ですが、別作品と思ってください。 小説家になろうへもアップ
24hポイント 0pt
小説 99,817 位 / 99,817件 ファンタジー 26,863 位 / 26,863件
文字数 574,016 最終更新日 2020.12.25 登録日 2019.02.22
お酒が好きなので料理話しでも。 普段作っている料理を、大豆の星から来た妖精(嘘)である架空の二人のキャラが、対話形式で作りながら紹介します。架空なのは多分キャラと空間だけの筈です。 例外はありますが、メイン料理の他サラダとスープも一緒に作っています。 ⇒追記:後半になるとネタが無くなり、タイトルのものが主です。 注意 作中、料理を作っておりますが、調味料の分量は書いておりません。私自身計りませんので。慣れるとどれくらい使ったらいいかというのが感覚で分かるのですが、実際に試す場合や、慣れていない場合は味見をしながら調節して作ると、料理は失敗しにくいです。
24hポイント 0pt
小説 99,817 位 / 99,817件 エッセイ・ノンフィクション 3,526 位 / 3,526件
文字数 127,800 最終更新日 2020.03.21 登録日 2018.10.06
呪紋式が存在する世界、銃と薬莢に呪紋式を記述する事で即座に発動出来る技術が確立された先進国。 その一つの国の司法機関が裏で秘密裏に出す依頼、【危険人物特別措置依頼】とかかれた暗殺依頼をこなす主人公(女性)。 昼間は普通に会社で働き、夜は不定期だが暗殺をする。 が、猟奇殺人事件に巻き込まれ、その事件の裏にある思惑にも巻き込まれていく。 人の生死に葛藤と苦悩しながらも、夢に向かい二足のわらじ生活をする。 そんな中、自分の事だけでもいっぱいなのに、大陸で起こる不穏な流れに緩やかに 巻き込まれていく。 やがて大陸が不穏な喧噪に包まれていく中、大陸に存在する秘密へと、 望んでもいないのにその身は取り込まれていく。 ※描写に残酷表現を使っている箇所があります(R18部分)。苦手な人はご注意ください。 (小説家になろう様に重複投稿しております。)
24hポイント 0pt
小説 99,817 位 / 99,817件 ファンタジー 26,863 位 / 26,863件
文字数 1,074,006 最終更新日 2019.02.26 登録日 2018.03.20
私立櫻陵高等学校で二年に進級した僕、雪待 数音は、 新学期の陽気だけでなく、僕本人にも春が訪れた。 頭の中にじゃないよ? いや、妄想じゃないっての。うん、たぶん・・・。 僕に春をくれた水奈月 莉菜、その眩しいくらいの笑顔が、 笑顔が・・・ はっ!? 突如変わる状況に頭がパニックです。 恋愛経験ゼロのゲーマーである僕に訪れた恋は、 思考が追い付きませんでした・・・ だから自分の事で手一杯で、水奈月さんの笑顔の裏にある思いなんて 僕は気付きもしないで・・・ *小説家になろうにもアップ
24hポイント 0pt
小説 99,817 位 / 99,817件 恋愛 27,837 位 / 27,837件
文字数 102,603 最終更新日 2019.02.24 登録日 2019.01.18
嘗て栄華を極めたが、衰退してしまった島国ダルテリネ王国。 その国の王であるランドリア四世は、跡目に第二王子であるウィルグを選んだ。 これになっとくのいかない第一王子のツァイルが反旗を翻す。 ここから、王位を継ぐという名目の喧嘩が始まる。 その喧嘩は城内だけで終わる事もなく、いろんなものを巻き込んでいく。 予定・・・
24hポイント 0pt
小説 99,817 位 / 99,817件 ファンタジー 26,863 位 / 26,863件
文字数 31,265 最終更新日 2019.01.17 登録日 2019.01.11
ゴミ以下の魔力しかないメイリーは、今の自分がこのままでいいのかと考えると同時に 旅に出る事を即決。幼馴染のアリィの忠告も聞かずに村を飛び出した。 そりゃ魔術学校のクラス昇級に5年も落ち続けているんだからしょうがない。 あたしはこんな小さな町では収まらない器なのよ。だから世界を巡って大魔法使いか 大精霊使いになる! ところがメイリーは精霊と契約出来る器であり、ゴミ以下の魔力は単に眠っている だけだった事が判明。調子に乗ったメイリーは更なる力を求めて、他の精霊を探す 旅を続ける。契約する意味も分からずに。
24hポイント 0pt
小説 99,817 位 / 99,817件 ファンタジー 26,863 位 / 26,863件
文字数 266,656 最終更新日 2018.12.26 登録日 2018.12.03
7