能原 惜

能原 惜

最近、妙に失敗したことが多くあると感じます。 気のせいですよね。 気のせいではありませんでした
4
恋愛 連載中 長編 R15
[1] 家庭が冷えてしまっている少年古里止は、高校進学と同時に一人暮らしを始める。しかし大手会社『サンデイジー』の職員から人間の暖かさを一年間研究するための被験者として選ばれ、古里止は謎の少女雛菊シアと二人暮らしをすることになってしまう。人間の持つ冷たい感情を一切持たない雛菊シアは心の冷えてしまった少年にとって苦痛でしかなく、次第に二人の仲は必然的に離れていく。やがて古里止の狂気は雛菊シアを蝕むようになり、さすがにもう駄目なのではないかと思うが──。その時ようやく少年は少しだけ変わることが出来た。 道徳、善悪、そんなものも知らない世の中の恋愛物語。 [2] 父に対し愛想が尽きた少年古里止は、高校進学と同時に一人暮らしを始める。しかし大手会社『サンデイジー』の職員から人間という存在を学ぶための対象として選ばれ、古里止は謎の少女雛菊初日と二人暮らしをすることになってしまう。自由を知らない雛菊初日は自暴自棄な少年にとって苦痛であり、また心配になってしまう程に不憫な子であった。やがて古里止のストレスは雛菊初日を巻き込み、二人の心は離れていくが──。その時ようやく少年は変わることをやめた。 道徳、善悪、そんなものも知らない初日との恋愛物語。
24hポイント 0pt
小説 125,809 位 / 125,809件 恋愛 35,995 位 / 35,995件
文字数 14,250 最終更新日 2021.02.28 登録日 2021.02.28
 人造人間が当たり前に居る世界。  資源不足、人手不足、ホームレス増加、少子化進行を許してしまった二五〇〇年において人造人間──ミーザと呼ばれる──は必要不可欠な存在となった。その中の子供は貴重で、ふとすると拉致されてしまうことなど当たり前である。  よって、人間とミーザにはパートナー契約が義務付けられ、あらゆる環境問題の解決の道を進められているかのように思えた‥…。  古代家七男、古代嗣虎は『平和部』のある田本学園に進学することが決まっていた。  それに伴い、古代嗣虎のパートナー契約を結ぶ為に高級ミーザ工場『バリュー』を訪れるのだが‥…!?  以下、ミーザ革命を達成させたファーストミーザによる平和宣言である 『天照らす黄金の時代が来た。望まれた世界が大いなる血と汗と時を代償に、異色で塗り固められる新世界の誕生だ。  時にそよ風が命の根元を奪い去り、多くの者の身を切り裂いたことがあるだろう。左様連鎖の意気地無しが溢れるこの存在はやがて赤黒の雲に覆われる。  禁忌に触れるも良かろう。変わらぬ地位は新世界の縦横無尽に越され、絞りカスとなるまで生気を吸い取られようと構わぬのならば、いっそ死ね。目に殺意を常に納める者は憚れるが失敬。  天を見よ、天を見よ、天を見よ、其の眼に映る欲望は何を欲す。そして何を欲さないか。新たなる物とは欲に捕らわれることのない純潔が真なり。  殺せ、殺せ、殺し尽くせ。真実を我が手にするのに意志など殺さずにいられるか。否、殺意とは真実、虚なる魄に雑草を殺すことなど不可能。殺意抱く者常に真なり。  無想無冠よ、狼狽えるな、泣くな。我が座を汚すのは愚か者である。想うな、悲しむな。その優しさは我が座をすり減らす。  さぁ、選択せよ。魄の価値を決めるのだ』 以上  不気味さと優しさが惨劇を招くシリアス恋愛SFファンタジーストーリーの始まり始まり──。 注意※本題は七章から
24hポイント 0pt
小説 125,809 位 / 125,809件 ファンタジー 32,345 位 / 32,345件
文字数 167,882 最終更新日 2020.12.04 登録日 2018.02.26
 主人公、和和切占七(おわぎりせんなの)が我が身に降りかかる災難に翻弄される。  神、悪魔、宇宙人、異能力者、勇者、魔王、あらゆる全てが敵となる。  その原因は? 彼は一体何をした?  これは終わりと、始まりの戦いである。
24hポイント 0pt
小説 125,809 位 / 125,809件 現代文学 6,251 位 / 6,251件
文字数 5,208 最終更新日 2019.01.23 登録日 2018.12.26
 和和切占七君は普通じゃない。誰から見てもどこか変わってるし、その変わりっぷりが逆に良いところばかりだ。人を騙すことに天才的な技術力があるところもあるが、それは悪道に使っている訳でもない。デクロレーズとは会っていないだろうか、変な宇宙人に拉致されていないだろうか、ゴミと混ざったメイドと遭遇していないか、とても心配でならない。大丈夫、占七君の幼なじみにはとても頼りになる子がいるから心配はいらないはずだ。心配なんか不要なんだ。私、昼火佳弥はいつも通り後ろから占七君を見守っていればいい。もしも占七君が文田狩縷と仲良くなったらとても嫌だけれど、それが占七君の人生だから認めなければならない。ここでも、いつでも、私は占七君を見守っていればいい。たとえ、どんな人と結ばれようとも、私は声をあげずに見守るしかない。  上手く出来ていないかなーと思いましたので、すみませんが書き直させて頂きます。  次に納得のいく小説が書けるよう、頑張ります。  いやー本当、終と始だけは書きにくいよー……(12月16日 没)
24hポイント 0pt
小説 125,809 位 / 125,809件 キャラ文芸 3,009 位 / 3,009件
文字数 30,340 最終更新日 2017.12.08 登録日 2017.11.13
4