はらわた

はらわた

最近、妙に失敗したことが多くあると感じます。 気のせいですよね。 気のせいではありませんでした
13
 人造人間が当たり前に居る世界。  資源不足、人手不足、ホームレス増加、少子化進行を許してしまった二五〇〇年において人造人間──ミーザと呼ばれる──は必要不可欠な存在となった。その中の子供は貴重で、ふとすると拉致されてしまうことなど当たり前である。  よって、人間とミーザにはパートナー契約が義務付けられ、あらゆる環境問題の解決の道を進められているかのように思えた‥…。  古代家七男、古代嗣虎は『平和部』のある田本学園に進学することが決まっていた。  それに伴い、古代嗣虎のパートナー契約を結ぶ為に高級ミーザ工場『バリュー』を訪れるのだが‥…!?  以下、ミーザ革命を達成させたファーストミーザによる平和宣言である 『天照らす黄金の時代が来た。望まれた世界が大いなる血と汗と時を代償に、異色で塗り固められる新世界の誕生だ。  時にそよ風が命の根元を奪い去り、多くの者の身を切り裂いたことがあるだろう。左様連鎖の意気地無しが溢れるこの存在はやがて赤黒の雲に覆われる。  禁忌に触れるも良かろう。変わらぬ地位は新世界の縦横無尽に越され、絞りカスとなるまで生気を吸い取られようと構わぬのならば、いっそ死ね。目に殺意を常に納める者は憚れるが失敬。  天を見よ、天を見よ、天を見よ、其の眼に映る欲望は何を欲す。そして何を欲さないか。新たなる物とは欲に捕らわれることのない純潔が真なり。  殺せ、殺せ、殺し尽くせ。真実を我が手にするのに意志など殺さずにいられるか。否、殺意とは真実、虚なる魄に雑草を殺すことなど不可能。殺意抱く者常に真なり。  無想無冠よ、狼狽えるな、泣くな。我が座を汚すのは愚か者である。想うな、悲しむな。その優しさは我が座をすり減らす。  さぁ、選択せよ。魄の価値を決めるのだ』 以上  不気味さと優しさが惨劇を招くシリアス恋愛SFファンタジーストーリーの始まり始まり──。 注意※本題は七章から
24hポイント 0pt
小説 48,744 位 / 48,744件 ファンタジー 16,203 位 / 16,203件
文字数 166,447 最終更新日 2019.06.04 登録日 2018.02.26
恋愛 連載中 長編
 主人公中倉時が監禁された夜下と関わりながら、自身の答えに辿り着く話。  嫌な居場所、好きな居場所、思いと想いを巡らす。  シリアス恋愛。
24hポイント 28pt
小説 9,214 位 / 48,744件 恋愛 3,161 位 / 11,587件
文字数 10,171 最終更新日 2019.05.24 登録日 2018.08.31
終わりと始まりと続く物語
24hポイント 0pt
小説 48,744 位 / 48,744件 現代文学 1,866 位 / 1,866件
文字数 1,625 最終更新日 2019.04.24 登録日 2019.04.24
親も友人もいなかった少年がクラスメートに三階から担ぎ落とされて死んでしまうと、いつの間にか真っ白な空間で目覚め二〇柱の女神が目の前の椅子に座っていた。どうやら自殺者のことをコンティニュー希望の人物だと説く女神は少年にもう一度チャンスをくれるようで、少年は見事異世界転移者となるのだが……。なんとまた自殺をしないようにと少年にぴったりのギフトを見繕ってくれる。しかし、その肝心のギフトは『なんでも従う少女』なのだった。その後、転生先には惨い古傷だらけの少女と出くわし、どこからともなく男共の怒声が聞こえ……? こんな物語心苦しくて見てられない! でも読みたくなるファンタジー小説!
24hポイント 0pt
小説 48,744 位 / 48,744件 ファンタジー 16,203 位 / 16,203件
文字数 9,172 最終更新日 2019.02.11 登録日 2019.02.07
恋愛 連載中 長編
 あの日見た君は、全て夢の中の出来事だと信じたかった──  俺が見てきた君の在り方は卑しくて、どうでもいいことばかり美しくあろうとする訳の分からない綺麗な悪だった。  可愛くない中身。  面白くない言葉。  無益な付き合い。  無駄な話し合い。  関わる時間が本当にもったいなく感じる。いくら俺が悪を極めても、善を極めても嫌いになったであろうその人は、黒の華を連想させた。  そんな彼女が、まさか不幸の中から生まれていたなんて、信じたくないんだ。  信じた瞬間に、俺は彼女を好きだと思う気持ちになっているであるだろう。  ──俺と妹は確かに彼女を知っていた。 ※投稿頻度は遅めです。
24hポイント 7pt
小説 14,051 位 / 48,744件 恋愛 4,654 位 / 11,587件
文字数 21,278 最終更新日 2019.01.29 登録日 2018.10.25
「えーこれより、ミーザ、エツェル、ウェムオーンこと私の三人がくっちゃべた記録をここに保存しようと思います。読み仮名は『ついとはじめのひまつぶし』なので勘違いしないようにしましょう。目の保養場としてご利用ください。なんてね、ウェムオーンでした」
24hポイント 0pt
小説 48,744 位 / 48,744件 キャラ文芸 1,260 位 / 1,260件
文字数 8,534 最終更新日 2019.01.14 登録日 2018.03.11
恋愛 連載中 長編
 あの日見た君は、全て夢の中の出来事だと信じたかった──  俺が見てきた君の在り方は卑しくて、どうでもいいことばかり美しくあろうとする訳の分からない綺麗な悪だった。  可愛くない中身。  面白くない言葉。  無益な付き合い。  無駄な話し合い。  関わる時間が本当にもったいなく感じる。いくら俺が悪を極めても、善を極めても嫌いになったであろうその人は、黒の華を連想させた。  そんな彼女が、まさか不幸の中から生まれていたなんて、信じたくないんだ。  信じた瞬間に、俺は彼女を好きだと思う気持ちになっているであるだろう。  ──俺と妹は確かに彼女を知っていた。
24hポイント 7pt
小説 14,051 位 / 48,744件 恋愛 4,654 位 / 11,587件
文字数 154 最終更新日 2018.10.10 登録日 2018.10.10

 私 小学六年生  津田みどり 小学六年生  価値観は人それぞれです。
24hポイント 0pt
小説 48,744 位 / 48,744件 キャラ文芸 1,260 位 / 1,260件
文字数 1,201 最終更新日 2018.08.30 登録日 2018.08.30
 連続殺人事件に巻き込まれ死んだ少年は、記憶を鉛玉によって失っている状態で、天国に着き自らを神と名乗る男と出会う。  神は少年の死因を説明し、提案として異世界転生を勧め、それを承諾した。  転生した世界は「グリーン」という、魔王を倒すのに後一歩の、平和な所であった。  ──本当に平和だと思うのかしら?  そこでまずは生きる為にこの世界の師匠的な人が必要かも知れないということに気付かされ、とある少女と契約を交わした。  それが人ならぬ道なのだと知らずに……。
24hポイント 7pt
小説 14,051 位 / 48,744件 ファンタジー 3,937 位 / 16,203件
文字数 22,043 最終更新日 2018.06.18 登録日 2018.06.05
 日の出高校に通って二年目になる私、円宮葉華は新しいクラス替えで好きな人と一緒になっちゃった!  因幡君は見てるだけで格好良さが伝わって、憧れ焦がれの超イケメン。いつか恋人になりたいと思っても、やはりライバル達は居るわけで……。  手も足も出せないなーと諦めかけたある日のこと、私はふと偶然と必然が合わさって、奇跡的なことが起こった。  みんながキャーキャー言うほど顔が良い訳でもないし、ノリが良くて楽しい出来事なんて一度も無かったけれど──異様な冷めた目つきに引き寄せられたの。  本当に素敵な恋を見つける為の邪道恋愛物語、ここに推参!
24hポイント 0pt
小説 48,744 位 / 48,744件 恋愛 11,587 位 / 11,587件
文字数 3,397 最終更新日 2018.06.09 登録日 2018.04.16
 茶色のブロックは友人にこう言われました。 「ライト文芸でトップ10取っても別にすごくねぇじゃん。キャラ文芸と合わせれば15位以下だしww」  でですね、私ファンタジーを書こうと思うんです。見事ファンタジーで一位になったのなら、きっとその友人になにか言い返せると思うので。  いや、元々執筆するつもりでしたので、よろしくお願いします。 以下、あらすじ。  ──逃げることが、僕の特技だ──  今から十年前、地球に異世界からの侵略者が出現した。この世に無い魔法、どの獣よりも勝る魔獣、そして荒れる世界。  資源の枯渇した今の地球ではその侵略者、いや魔王軍を退ける兵器は使えない。ならばと、人類は異世界からその魔法の力を奪うしかなかった。  少年、立花正は現代の勇者の息子だが、一○歳になった今でも何一つ能力がなく、通う学校では酷いいじめを受けていた。毎日を憂鬱に過ごす中、少年の人生に変化を灯す瞬間が遂にやって来る。 「……」 「この世界はやっぱりおかしい! こんなのあんまりだ! そう思うから、僕は君を助けたいんだ!!」  残酷な異世界で、圧倒的自由を求めた逃走劇ファンタジー!!
24hポイント 0pt
小説 48,744 位 / 48,744件 ファンタジー 16,203 位 / 16,203件
文字数 13,750 最終更新日 2018.03.27 登録日 2017.11.15
大衆娯楽 連載中 ショートショート
 どうも、草舟心月です。  この小説は私が書いた掌編を載せたものです。前に書いたものから新しいものまで書いていくつもりなので、お目通しになられるなら嬉しいです。
24hポイント 0pt
小説 48,744 位 / 48,744件 大衆娯楽 1,144 位 / 1,144件
文字数 12,174 最終更新日 2018.03.04 登録日 2017.11.13
恋愛 連載中 長編
 一つ、異様な空気を放つ高校あり。  朝の校門掃除を日課に、昼休みの活動は欠かさず、放課後五時半まで部員を逃がさないとある部が原因である。  その部は『研究部』。部長、岸辺生守。  数合わせの為に脅されて強制的に部員にさせられた睦海咲、数合わせの為に買収した幼なじみの亜島鶯、数合わせの為に普通に誘った同級生の藤倉悠、数合わせの為に挑発されてつい入部してしまったカッパと共に、鹿之林高校一年の岸辺生守はその研究部を通し、彼なりの青春を過ごしていた。  だが、そんな研究部の部長について、我が新聞部は研究部員に直接インタビューをした結果、驚くべき情報を手に入れた! 睦海咲「岸辺部長についてですか……。優しい人ではあるのですが、わたしにはちょっと冷たいですよ。あ、もういいですか? そろそろ岸辺部長との約束事があるので失礼したいのですが……」 亜島鶯「え? もう咲ちゃんにはインタビューしたんだ。あの子って優しいからどうせ生守君のこと濁してたでしょ? あっはは、彼はあの子のことほぼ毎日虐めてるんだけれどねぇ。あ、これ内緒ね?」 藤倉悠「部長のことですか? あれはクズなのです☆ えぅ、もう少し情報が欲しいのですか? 内緒なのですが、部長は無意識的に咲に好意を抱いているのですよ。それと鶯の性格はサイコパスなのです☆」 カッパ「なんだ、新聞部か。岸辺について知りたいのなら彼の通っていた中学校を調べるといい。あと僕の名前は福井太郎だ。ふざけるのもいい加減にしてくれ」 若土光「わっ。参ったなぁ、俺のところへ生守についてインタビューしに来たってことは、俺が生守の親友というのはバレバレなんだね。俺からは根はいいやつってことしか言えないよ。ごめんね、野球の練習があるからこれで失礼」  と、岸辺生守の親友の若土光からは全くまともな情報は得られなかった。  カッパからの助言の通りに岸辺生守の中学校へ行き、今年の三年生にインタビューをした。 生徒A「岸辺先輩ですか……? 確かに酷い先輩でしたが、いじめ問題を積極的に無くす憧れの先輩でもありましたよ」 生徒B「あの先輩はイかれてましたね。みんなからは『泥と毒の塊』と呼ばれてました」 生徒C「岸辺さんっすか? 岸辺さんマジパネェっす! オレを導いてくれたイかす先輩っすよ!」  と、彼が救いようのない人物だと分かった。  これからも我が新聞部は真実を追求し、正しき報道を行うことを約束しよう。  ──というちょっと変わった部活達がありながら、鹿之林高校へ通う岸辺生守の物語。  一体、彼はどのような青春を送るのか、想像もつかない。  人生の価値をテーマにした恋愛コメディ。
24hポイント 0pt
小説 48,744 位 / 48,744件 恋愛 11,587 位 / 11,587件
文字数 28,629 最終更新日 2018.03.04 登録日 2017.12.16
13