洸夜

洸夜

最上紳士については近況ボードをご確認下さいm(_ _)m
3
恋愛 連載中 長編
五歳上の姉に半ば強制的に連れられて行ったあるピアノコンクール。 その時に聴いた高校生くらいの少年の演奏に心を奪われた雫は、自分もあんな風に演奏してみたいと思い、ピアノを習い始める。 それから十年後の四月。 高校生になった雫は、昔コンクールで聴いたことのある曲が校内から流れていることに気付く。 それは昔コンクールで聴いた音色そのものだった。 綺麗な音色に導かれて、音のする方に足を運ぶとそこは音楽室。 ピアノを弾いていた男性は先生で、十年前の少年に似ていた……。
24hポイント 7pt
小説 15,719 位 / 58,676件 恋愛 5,357 位 / 14,117件
文字数 12,394 最終更新日 2017.12.01 登録日 2017.11.16
誰も疑問を持たないのなら、俺が世界を変えてやる―― 俺は王族としてこのまま城にいることに疑問を覚え、胸に秘めていたある一つの重大な決意を、側仕え兼護衛騎士のアルフォンス・マクガイバーに告げる。 「アルフォンス、私は城を出ようと思う」 「……は?」 今までの身分と名前を捨て、冒険者となった俺が目指すのは、能力さえあれば身分や性別、種族すら関係ない、実力主義の理想郷を作り出すこと。 ――これは王族という身分を捨て城を出た、とある国の第三王子が、冒険者となって世界を巻き込み変革をもたらす物語。
24hポイント 0pt
小説 58,676 位 / 58,676件 ファンタジー 19,019 位 / 19,019件
文字数 164,109 最終更新日 2017.11.30 登録日 2017.10.17
※第4回「マグネット!」小説コンテスト金賞受賞しました。書籍化します※  自らを神と名乗る少年に気に入られて異世界へ転生することになった最上紳士《もがみしんじ》四十歳。  紳士は世界最高の魔力を持ちながら全く異能を発現できないヴァインベルガー公爵家の少年、アデルとして新たな人生を歩み始めるのだが、転生初日から婚約者のリーゼロッテから婚約破棄を告げられる。  しかし、アデルは動じることなくある提案をして、リーゼロッテを驚かせるのだった。  三ヶ月後。  聖ケテル学園に通うことになったアデルは、魔力量が多いというだけで、最高位クラス"フィナール"で学ぶことになっていた。  ある日、学園の"五騎士"筆頭であるシュヴァルツと模擬戦を行うことになるのだが、異能を発現できないアデルは苦戦を強いられる。  しかし、アデルの胸に秘めた願いに応えるかのように異能が発現したことによって、彼の運命は大きく動き出すのだった。  これは転生により若返った主人公が己を貫くことで周囲を赤面させつつ、異能力バトルもしていくなかで一人の女性を愛し、やがて世界を救う物語。
24hポイント 0pt
小説 19,514 位 / 19,514件 ファンタジー 7,566 位 / 7,566件
登録日 2019.08.19
3