7
お民は江戸は町外れ徳平店(とくべいだな)に夫源治と二人暮らし。  源治はお民より年下で、お民は再婚である。前の亭主との間には一人息子がいたが、川に落ちて夭折してしまった。その後、どれだけ望んでも、子どもは授からなかった。  長屋暮らしは慎ましいものだが、お民は夫に愛されて、女としても満ち足りた日々を過ごしている。  そんなある日、徳平店が近々、取り壊されるという話が持ちあがる。徳平店の土地をもっているのは大身旗本の石澤嘉門(いしざわかもん)だ。その嘉門、実はお民をふとしたことから見初め、お民を期間限定の側室として差し出すなら、長屋取り壊しの話も考え直しても良いという。  明らかにお民を手に入れんがための策略、しかし、お民は長屋に住む皆のことを考えて、殿様の取引に応じるのだった。 〝行くな!〟と懸命に止める夫に哀しく微笑み、〝約束の1年が過ぎたから、きっとお前さんの元に帰ってくるよ〟と残して―。
24hポイント 21pt
小説 19,074 位 / 121,580件 歴史・時代 157 位 / 1,409件
文字数 10,134 最終更新日 2021.10.05 登録日 2021.10.05
韓国時代劇の魅力にハマッて、十年が経ちました。 元々は日本の時代劇大好き人間だった私(ラビ村らび子=大のうさぎ好き)が感じること、、、 ブログから転載。お題に即して書いたものになります。
24hポイント 0pt
小説 121,580 位 / 121,580件 エッセイ・ノンフィクション 4,291 位 / 4,291件
文字数 29,655 最終更新日 2021.10.03 登録日 2021.06.13
☆〝あの男と結婚したくないのでしょう?〟  耳元で囁かれ、私は呆然とした。一緒に逃げようと差し出されたこの手を取った瞬間から、この男と自分は二度と引き返せない道を歩むことになる。  駄目、この誘いに乗っては駄目ともう一人の自分がしきりに言うのに、じっと見つめてくるこの男の瞳に魂まで吸い込まれてしまいそうだ。。。  そう、私はまだこの時、知らなかった。優しげに見えた彼が心底で考えていた恐ろしくて淫らな企みを。。。☆     筋金入りのお嬢様が父親に決められたフィアンセは、とんでもない男だった。  婚約式の前夜、都でも名の知られた大商人の娘サヨンは一人、途方に暮れていた。明日はいよいよ父の決めた男と婚約させられてしまう。相手の男は根は悪くないと判っていても、そこはやはり夢見る年頃の少女、醜男よりは美男の方が良いに決まっている。  そんなサヨンに若い下男のトシンジュが平然と言う。 ―イヤなら、逃げれば良いのです。  実は、トンジュのことが以前か気になっていたサヨン。戸惑うサヨンにトンジュは〝一緒に逃げましょう〟と囁く。  美男(イケメン)の下男と手にとを取り合って屋敷を逃れたヒロイン。  しかし、逃亡の途中からトンジュは豹変してゆき、サヨンに熱っぽく〝好きだ〟と迫る。そして、いきなりトンジュに押し押し倒されたヒロインのショックは大きかった。  ご主人さまのはずのヒロインと下男の立場が逆転して、ヒロインは彼の言うなりに。。。 ―私、本当は彼を好きなの?  迫りまくる彼をうとましく思いながらも、時折、彼が見せる男らしさや優しさに惹かれてしまう。  狎れてゆくのは身体だけなのか、それとも、心までもなのか?  戸惑うヒロインにやがて、もう一つの魔の手が迫る。 やがて、サヨンはトンジュへの気持ちと向き合う瞬間が!  身分違いの恋を貫き通した少女の物語。
24hポイント 7pt
小説 26,612 位 / 121,580件 恋愛 11,085 位 / 34,078件
文字数 122,867 最終更新日 2021.06.28 登録日 2021.05.12
第一話『潮騒鳴り止まず~久遠の帝~』 ~その男、敵か味方か?~  激動の歴史に翻弄される恋の辿り付く先は―。  そして、やがて解き明かされる頼朝の死の真相。  〝私は、あなたの胸の中にはいられない。   誰より大好きなあなたの傍にはもう、いられない。   何故なら、私は源氏の女        あなたは平家の男だから〟   鎌倉御家人の河越三郎恒正の一人娘楓は父から、北条時政の息子時晴に嫁ぐように  言い渡されている。  とかく悪評のある時晴を嫌い、邸を飛び出した楓はある日、由比ヶ浜で時繁と名乗る  不思議な漁師の若者に巡り会う。  やがて、楓が知った時繁の重大な秘密とは。  鎌倉幕府を創立した源頼朝の死の真相には  平家の生き残りが拘わっていた―!?  将軍頼朝の死を平家落人伝説を元に私なりに新解釈で描いてみました。  ☆第二話には 絶唱~身代わり姫の恋~を同時収録。  源頼家の息女として生まれ、16歳年下の四代将軍頼経に嫁いだ源鞠子の生涯。   
24hポイント 0pt
小説 121,580 位 / 121,580件 歴史・時代 1,409 位 / 1,409件
文字数 142,674 最終更新日 2021.05.16 登録日 2021.05.08
時代もの、現代もの、様々な作品を書いていますが、現在は朝鮮王朝時代を舞台にした作品が中心です。 小説の他にも自分なりの視点で感じたこと、日々の中で素敵だと思ったこと、お役立ち情報などを発信しています。 良かったら、お立ち寄り頂ければ嬉しいです。
24hポイント 0pt
小説 20,255 位 / 20,255件 歴史・時代 442 位 / 442件
登録日 2021.02.17
朝鮮王期、激動の時代を風のように駆け抜けて生きた少女がいた。 恋のために生き、恋のために散った生涯。 直宗の後宮に咲いた一輪の花、和嬪蘇氏の物語。
24hポイント 0pt
小説 20,255 位 / 20,255件 歴史・時代 442 位 / 442件
登録日 2021.02.17
-うだつの上がらない大部屋歌舞伎役者板東碧天こと栄佐(えいざ)と   おきゃんな江戸っ娘小紅の物語- 小紅(おこう)は15歳。江戸でも名の知れた呉服太物問屋〝上州屋〟の一人娘 だ。大店のお嬢様として気儘気随に育ったが、ある日、一瞬にして、すべての ものを失った。 あろうことか、父仁助が若い情人(いろ)と手に手を取って駆け落ちしたのだ。 しかも、父は多額の借金を方々にこしらえていた。 このままでは借金の返済のために遊廓に身を沈めばならない。覚悟していた寸前、 父の弟-叔父の難波屋武平が借金をすべて肩代わりしてくれた。 難波屋に引き取られた小紅の新しい日々。 叔父の死後、従弟の執拗な求愛から逃れるため、難波屋を出た小紅の前に 現れたのは何と、浮世絵にもなっている人気美形女形、板東碧天だった! 小紅の波瀾万丈の日々が始まる!
24hポイント 0pt
小説 20,255 位 / 20,255件 歴史・時代 442 位 / 442件
登録日 2021.05.07
7