Gai

Gai

ラノベ・漫画大好きな学生です。良ければ是非僕の作品を読んでください。 
7
鉄柱が頭にぶつかって死んでしまった少年は神様からもう異世界へ転生させて貰う。 貴族の四男として生まれ変わった少年、ライルは属性魔法の適性が全くなかった。 貴族として生まれた子にとっては珍しいケースであり、ラガスは周りから憐みの目で見られる事が多かった。 ただ、ライルには属性魔法なんて比べものにならない魔法を持っていた。 「はぁーー・・・・・・属性魔法を持っている、それってそんなに凄い事なのか?」 基本気だるげなライルは基本目立ちたくはないが、売られた値段は良い値で買う男。 さてさて、プライドをへし折られる犠牲者はどれだけ出るのか・・・・・・ タイトルに書いてあるパートナーは序盤にはあまり出てきません。
24h.ポイント 3,302pt
小説 422 位 / 186,166件 ファンタジー 90 位 / 41,602件
文字数 1,367,217 最終更新日 2024.02.25 登録日 2019.06.30
ファンタジー 連載中 長編 R15
男の子は幼いながらに知ってしまった。 女の子が男の子を好きになる要因は顔なのだと。 初恋が敗れたと知った四歳のティール。 父に、母に、兄に慰めて貰ったが、直ぐに傷が癒えることは無かった。 だが、五歳になった翌日、ティールは神からのギフトを得た。 神からのギフト、それは誰しもが与えられる神からの恩恵では無く、限られた者のみしか得られないスキル。 後天的に習得出来るスキルであっても、内容は先天的に得たスキルの方が強い。 そしてティールが得たスキルは強奪≪スナッチ≫ そして知性。 この二つのスキルを得たティールの思考が、考えが、未来が一変する。 「そうだ、初恋に敗れたからなんだ。そんな消し飛ぶくらい人生を楽しんでやる!!!」 さて、ティールはその知性で何を考え、奪取≪スナッチ≫で何を奪うのか
24h.ポイント 2,784pt
小説 492 位 / 186,166件 ファンタジー 103 位 / 41,602件
文字数 948,612 最終更新日 2024.02.25 登録日 2021.01.01
人を助けた代わりにバイクに轢かれた男、工藤 英二 その魂は異世界へと送られ、第二の人生を送ることになった。 侯爵家の三男として生まれ、順風満帆な人生を過ごせる……とは限らない。 裕福な家庭に生まれたとしても、生きていいく中で面倒な壁とぶつかることはある。 そこで先天性スキル、糸を手に入れた。 だが、その糸はただの糸ではなく、英二が生きていく上で大いに役立つスキルとなる。 「おいおい、あんまり糸を嘗めるんじゃねぇぞ」 少々強気な性格を崩さず、英二は己が生きたい道を行く。
24h.ポイント 10,338pt
小説 179 位 / 186,166件 ファンタジー 36 位 / 41,602件
文字数 1,300,931 最終更新日 2024.02.24 登録日 2021.12.01
死因がわからないまま神様に異世界に転生させられた久我蒼谷。 転生した世界はファンタジー好きの者なら心が躍る剣や魔法、冒険者ギルドにドラゴンが存在する世界。 そんな世界を転生した主人公が存分に楽しんでいく物語です。 祝書籍化!! 今月の下旬にアルファポリス文庫さんから冒険がしたい創造スキル持ちの転生者が単行本になって発売されました! 本日家に実物が届きましたが・・・本当に嬉しくて涙が出そうになりました。 ゼルートやゲイル達をみことあけみ様が書いてくれました!! 是非彼らの活躍を読んで頂けると幸いです。
24h.ポイント 3,237pt
小説 431 位 / 186,166件 ファンタジー 92 位 / 41,602件
文字数 1,862,380 最終更新日 2024.02.24 登録日 2018.04.08
交通事故で死んでしまった坂崎総助は本来なら自分が生きていた世界とは別世界の一般家庭に転生できるはずだったが神側の都合により異世界にあるダンジョンの下層に飛ばされることになった。 もちろん総助を転生させる転生神は出来る限りの援助をした。 そして総助は援助を受け取るとダンジョンの下層に転移してそこからとりあえずダンジョンを冒険して地上を目指すといった物語です。
24h.ポイント 3,308pt
小説 421 位 / 186,166件 ファンタジー 89 位 / 41,602件
文字数 1,645,345 最終更新日 2024.02.24 登録日 2018.04.07
幼い子供を暴走車から守ったスポーツ男子、一条大河。 鍛えた体も、暴走車には勝てず、亡くなってしまったが……運良く、第二の人生を異世界で迎えた。 伯爵家という貴族の家に生まれたことで、何不自由なく過ごす中……成長する過程で、一つ問題が生まれた。 伯爵家にとっては重大な問題だが、一条大河改め、クランド・ライガーにとって、それは非常に有難い問題だった。 その問題故に他者から嘗められることも多いが……そういった輩を、クランドは遠慮なく狩っていく。 「狩るぜ……カバディ、カバディ、カバディ、カバディ、カバディ、カバディ、カバディ!!!!」
24h.ポイント 35pt
小説 19,437 位 / 186,166件 ファンタジー 2,609 位 / 41,602件
文字数 190,423 最終更新日 2023.04.17 登録日 2023.01.01
恋愛 連載中 長編 R15
自分の容姿に自信が無い。それだけで学生の内はとりあえず彼女なんて出来ない、そう思っていた。 でも原因は自分の容姿だけじゃないって事は解ってる。 だって自分と似たようなレベルの容姿でも彼女がいる同級生はいる。 単純に自分のコミュ力が低い、それと……話しかけた相手に嫌われ、勇気を出した結果クラスの殆どが自分を見下ろし見下すような態度を取られるのが怖かった。 だから、好きな人に話しかけようとする勇気なんて一ミリも出ない。 同じクラスだから遠目で眺めているだけで十分だった。 それでも運命の、それとも神のいたずらか? いいや、正確には父さんの考えによって、今俺の目の前にこの先殆ど関わることが無いであろう美女が座っていた。
24h.ポイント 14pt
小説 30,461 位 / 186,166件 恋愛 13,068 位 / 58,636件
文字数 167,249 最終更新日 2020.12.17 登録日 2020.09.13
7