シンギョウ ガク

シンギョウ ガク

ライトノベル作家。ネタキャラ仮プレイのつもりが異世界召喚①~③ Re:ビルド!!① 今月(株)総合勇者派遣サービス①が5/16に発売されます。
10
ファンタジー 連載中 長編 R15
冒険者となった16歳のフィナンシェが神より与えられたスキルは、『リサイクル』という得体のしれない未知のスキルだった。 当初こそ、未知スキルの所持者としてトップパーティーから引き合いがあり、そのまま自分の夢にまで見た冒険者生活を送れると思っていたフィナンシェだった。 けれど、彼が与えられた『リサイクル』スキルはただの一度も発動せず、ゴミスキル認定を受けると、生活は一変。 トップパーティーからは追放され、その違約金による借金、両親はクエスト中に行方不明、祖母は病死し、実家は借金のかたとしてとりあげられ、生活すらままならない底辺冒険者にへと転落していた。 そんな底辺冒険者に転落した彼に付けられた二つ名は『ゴミ拾い』のフィナンシェ。 これはそんな底辺冒険者だったフィナンシェが、一人の女性と出会うことで一度も発動しなかったスキルの力を解放し、仲間とともに冒険者として成り上がっていく物語である。 ※カクヨム様、小説家になろう様に重複掲載してます。 ※話数表記はなろう版と違ってますが内容は同じです。
24hポイント 710pt
小説 1,609 位 / 74,406件 ファンタジー 411 位 / 21,768件
文字数 253,904 最終更新日 2020.06.01 登録日 2020.01.24
※2019年7月下旬に第二巻発売しました。 ※12/11書籍化のため『Sランクパーティーから追放されたおっさん商人、真の仲間を気ままに最強SSランクハーレムパーティーへ育てる。』から『おっさん商人、仲間を気ままに最強SSランクパーティーへ育てる』に改題を実施しました。 ※第十一回アルファポリスファンタジー大賞において優秀賞を頂きました。 俺の名はグレイズ。 鳶色の眼と茶色い髪、ちょっとした無精ひげがワイルドさを醸し出す、四十路の(自称ワイルド系イケオジ)おっさん。 ジョブは商人だ。 そう、戦闘スキルを全く習得しない商人なんだ。おかげで戦えない俺はパーティーの雑用係。 だが、ステータスはMAX。これは呪いのせいだが、仲間には黙っていた。 そんな俺がメンバーと探索から戻ると、リーダーのムエルから『パーティー追放』を言い渡された。 理由は『巷で流行している』かららしい。 そんなこと言いつつ、次のメンバー候補が可愛い魔術士の子だって知ってるんだぜ。 まぁ、言い争っても仕方ないので、装備品全部返して、パーティーを脱退し、次の仲間を探して暇していた。 まぁ、ステータスMAXの力を以ってすれば、Sランク冒険者は余裕だが、あくまで俺は『商人』なんだ。前衛に立って戦うなんて野蛮なことはしたくない。 表向き戦力にならない『商人』の俺を受け入れてくれるメンバーを探していたが、火力重視の冒険者たちからは相手にされない。 そんな、ある日、冒険者ギルドでは流行している、『パーティー追放』の餌食になった問題児二人とひょんなことからパーティーを組むことになった。 一人は『武闘家』ファーマ。もう一人は『精霊術士』カーラ。ともになぜか上級職から始まっていて、成長できず仲間から追放された女冒険者だ。 俺はそんな追放された二人とともに冒険者パーティー『追放者《アウトキャスト》』を結成する。 その後、前のパーティーとのひと悶着があって、『魔術師』アウリースも参加することとなった。 本当は彼女らが成長し、他のパーティーに入れるまでの暫定パーティーのつもりだったが、俺の指導でメキメキと実力を伸ばしていき、いつの間にか『追放者《アウトキャスト》』が最強のハーレムパーティーと言われるSSランクを得るまでの話。
24hポイント 944pt
小説 1,277 位 / 74,406件 ファンタジー 323 位 / 21,768件
文字数 885,522 最終更新日 2020.04.10 登録日 2018.08.01
 天津眞(あまつ しん)18歳は、『神霊戦機大戦』という対戦型VRオンラインゲームのeスポーツ大会にて優勝し、念願のプロeスポーツプレイヤーになった瞬間、筐体に入り込んだ子猫による不具合によって命を落とした。  目を覚ますと女神と名乗ったサスティアナによって、世界の崩壊を救う力である超絶チートを授かり優遇転生、更に自分がやっていた『神霊戦機大戦』のロボットである霊機を与えてくれると唆され、さらに一緒に命を落とした子猫のヒナタも転生できると聞き、転生を決意する。  転生した先は精霊たちが満ち溢れる異世界オタークスという世界であった。  ただし、転生した先はだだっ広い草原で何もない。  そして、サスティアナが言っていた優遇転生スタートもなかった。  さらに言えば、人にすら転生してなかったのである。  サスティアナから、眞が与えられたのは神機ヴォルツィオという最新鋭霊機の機体と猫耳幼女になったヒナタだった。  霊機の機士として転生するものばかりだと思っていた眞は、自分の身体が神機ヴォルツィオという巨大人型機動兵器にされていると気づくと、サスティアナに騙されたと気付いた。  そんな自分を騙した性悪の女神であるサスティアナも一緒にこの世界に飛ばされており、彼女やヒナタとともに魔物や妖霊機によって崩壊しつつある異世界で必死に生き残ろうと頑張って生活することにした。  だが、トラブルメーカーのサスティアナが生活していく中で色々と問題を起こし、さらにこの世界で彼女が邪神として人々から嫌われている存在だということが発覚する。  そして、眞もその邪神サスティアナの手先として、周囲から恐れられる存在となってしまう。  だが、必死で色々と活動していくうちに、いつのまにか眞にまつわる周囲の評価は逆転していた。  これは世界を崩壊にを招いた性悪駄女神が次々起こす問題に巻き込まれた男の紡ぐ、抱腹絶倒成り上がり物語である。  ※この作品はコメディ色が強く、テンションが高めの作品なんでそれらに忌避感ある方の閲覧はお控えください。 ※ハーメルン様、ノベルアップ様にて重複投稿させていただいております。
24hポイント 28pt
小説 12,209 位 / 74,406件 ファンタジー 2,621 位 / 21,768件
文字数 264,557 最終更新日 2019.12.10 登録日 2019.10.25
23歳のおり異世界召喚に巻き込まれて15年。 38歳独身となった俺は辛い苦しみを味わいながらも、最強の勇者となり魔王討伐を果たしたが、召喚した国から追われ、流れ着いた先の国で勇者の身分を隠し宮廷魔導師となった。 そんな俺がひょんなことから日本で育児放棄された女児の命を助けるため父親と偽りをこちらの世界に召喚してしまったことで、彼女の父親として異世界で娘を育てることになってしまった。 これは国に虐げられた元勇者の男、親に育児放棄された勇者の女児、子と夫亡くした寡婦、身内をすべて失った魔王、病気を理由に親に捨てられた猫の4人と一匹の血の繋がらない者たちが家族として生きていく物語。 基本的にのんびりスローライフがメインです。
24hポイント 142pt
小説 5,193 位 / 74,406件 ファンタジー 1,326 位 / 21,768件
文字数 218,449 最終更新日 2019.09.22 登録日 2019.07.01
ファンタジー 連載中 長編 R15
元日本人の転生者であるアルベルトは、異世界で有意義なセカンドライフを送ろうと、幼少より知識の集積場所とされた神殿で勉学に励み、末は官僚候補と言われる神官見習いまで昇進していた。 だが、そんな彼の噂を聞いた傭兵団が神殿を襲い、アルベルトの前に鮮血鬼と言われ周辺諸国から恐れられる『エルウィン傭兵団』の女頭領マリーダ・フォン・エルウィンが現れた。 そんな脳筋女戦士に情夫として攫われる形となったアルベルトは、神殿襲撃の実行犯として生まれ故郷を追われることとなり、夢に描いたセカンドライフ計画は大幅な修正を余儀なくされてしまう。 後に脳筋女将軍と呼ばれ大陸に名を覇することになるマリーダの知恵袋としてアルベルトの新たな異世界セカンドライフ計画が発動することとなった。
24hポイント 113pt
小説 5,843 位 / 74,406件 ファンタジー 1,461 位 / 21,768件
文字数 217,050 最終更新日 2019.08.07 登録日 2018.12.28
恋愛 連載中 長編 R15
父の死がきっかけとなりレンフィールド公爵の令嬢コーデリアの生活は一変することになった。 折り合いの悪かった異母兄が当主となり、その彼から勧められた縁談の相手は女癖の悪いので有名なグスタフ王太子だった。 色々と耐え忍びながら王太子妃教育を受けていたコーデリアであったが、グスタフが王代理として政務に携わり始めると無実の罪を着せられ叛逆者扱いを受け、婚約破棄をされてしまう。 死刑は免れたものの未整備の辺境に流されることになったコーデリアであったが、その地は彼女の母の故郷で自分が聖女の血筋であるということが発覚すると、守護騎士である男性たちから『自分を専属に』と言い寄られることになったーー
24hポイント 85pt
小説 6,806 位 / 74,406件 恋愛 2,931 位 / 19,355件
文字数 35,280 最終更新日 2019.07.27 登録日 2019.07.05
終電を待つ駅で線路に落ちかけた女性を助け死んだ田中聡(たなかさとし)は異世界リ・ガイアの大貴族の三男サトーリアス=シュナイザーとして転生することとなった。 転生者に優しい世界で98回も死に戻り、落ちこぼれ転生者となった主人公は、最後と告げられた99回目の人生を記憶と能力チートを駆使して成り上がり、様々な死亡フラグを回避して最強無双の賢者ライフを満喫することに全力を費やしていく――  王道のTUEEファンタジーになる予定です。
24hポイント 63pt
小説 7,994 位 / 74,406件 ファンタジー 1,877 位 / 21,768件
文字数 48,281 最終更新日 2019.04.26 登録日 2019.04.15
どうも、名無しの権兵衛です。 なんで名無しの権兵衛かって? 記憶がないからさ。いや、基本的な知識はある。 だが、自分が誰か分からない。そんな俺が目覚めた場所は恐竜みたいな魔物が闊歩する世界。 戸惑う俺が近くに落ちていたブレスレットを腕に付けると、知識として残っていたVRMMOゲームのナビシステムが起動した。どうやら記憶を失う前の俺はVRMMOゲームをしようとしていたらしい。ゲームの名は記憶がないが、LV概念がなく習得したスキルやジョブが全ての能力を司るという面白そうな仕様。だが、困ったことにログアウト不可という地雷付きだった。仕方なく俺はゲーム世界で記憶と元の世界に帰る手段を探すため頑張って生き延びることにした。ただ、仮の名前がネームレス・ゴンベエとなったのだけは納得いかないのだが。
24hポイント 21pt
小説 14,239 位 / 74,406件 ファンタジー 2,964 位 / 21,768件
文字数 65,080 最終更新日 2019.03.21 登録日 2019.03.10
 クリエイト・ワールドと呼ばれる世界構築系ゲームに情熱を注いでいた村上 創(むらかみ つくる)は胡散臭い女神によって異世界に転生してしてしまう。  気が付いた先はさきほどまでしていたクリエイト・ワールドに酷似した世界で、この世界におけるチートな職業である『ビルダー』として転生していた。  ゲームで見覚えのある世界に転生したツクルは妖狐族のルシアと出会い、最果ての村と呼ばれる集落に住むことになる。  その地は辺境のうちの更に辺境で、ゲームでは再序盤に訪れる村であったが、村は食料すら自給できず、消滅寸前にまで追い込まれていた。  ゲームにおいてこの地で壮麗な都市を建てた経験を持つツクルは、ルシアや住民たちを助け、自らの願望である壮麗な都市の建設に向けて、チート技術である『ビルダー』の力を使い、寒村を発展させる決意をする。  そして、最果ての村と呼ばれた村は創造神イクリプスの使徒である『ツクル』のもとで、様々な住民を迎え入れて発展していくこととなった。 ※この作品はRe:ビルド!の改稿版です。
24hポイント 0pt
小説 19,047 位 / 19,047件 ファンタジー 7,491 位 / 7,491件
登録日 2018.05.05
※書籍化決定しました。Mノベルス様より7月30日発売予定です。 同じ年で一緒に育って、一緒に冒険者になった、恋人で幼馴染であるアルフィーネからのパワハラがつらい。 絶世の美女であり、剣聖の称号を持つ彼女は剣の女神と言われるほどの有名人であり、その功績が認められ王国から騎士として認められ貴族になったできる女であった。 一方、俺はそのできる女アルフィーネの付属物として扱われ、彼女から浴びせられる罵詈雑言、パワハラ発言の数々で冒険者として、男として、人としての尊厳を失い、恋人とは名ばかりの世話係の地位に甘んじて日々を過ごしていた。 けれど、そんな日々も変化が訪れる。 王国の騎士として忙しくなったアルフィーネが冒険に出られなくなることが多くなり、俺は一人で依頼を受けることが増え、失っていた尊厳を取り戻していったのだ。 それでやっと自分の置かれている状況が異常であると自覚できた。 そして、俺は自分を取り戻すため、パワハラを繰り返す彼女を捨てる決意をした。 それまでにもらった装備一式のほか、冒険者になった時にお互いに贈った剣を彼女に突き返すと別れを告げ、足早にその場を立ち去った 俺の人生これからは辺境で名も容姿も変え自由気ままに生きよう。 そう決意した途端、何もかも上手くいくようになり、気づけば俺は周囲の人々から賞賛を浴びて、辺境一の大冒険者になっていた。 しかも、辺境伯の令嬢で冒険者をしていた女の人からの求婚もされる始末。 ※小説家になろう様、カクヨム様にも転載してます。 ※旧題 剣聖の幼馴染がパワハラで俺につらく当たるので、絶縁して辺境で出直すことにした。
24hポイント 0pt
小説 19,047 位 / 19,047件 ファンタジー 7,491 位 / 7,491件
登録日 2020.06.01
10