シンギョウ ガク

シンギョウ ガク

ライトノベル作家。ネタキャラ仮プレイのつもりが異世界召喚①~③ Re:ビルド!!① 今月(株)総合勇者派遣サービス①が5/16に発売されます。
8
※第十一回アルファポリスファンタジー大賞応募しております。9月末まで投票できますので、お済でない方で応援してもらえると嬉しいです。 俺の名はグレイズ。 鳶色の眼と茶色い髪、ちょっとした無精ひげがワイルドさを醸し出す、四十路の(自称ワイルド系イケオジ)おっさん。 ジョブは商人だ。 そう、戦闘スキルを全く習得しない商人なんだ。おかげで戦えない俺はパーティーの雑用係。 だが、ステータスはMAX。これは呪いのせいだが、仲間には黙っていた。 そんな俺がメンバーと探索から戻ると、リーダーのムエルから『パーティー追放』を言い渡された。 理由は『巷で流行している』かららしい。 そんなこと言いつつ、次のメンバー候補が可愛い魔術士の子だって知ってるんだぜ。 まぁ、言い争っても仕方ないので、装備品全部返して、パーティーを脱退し、次の仲間を探して暇していた。 まぁ、ステータスMAXの力を以ってすれば、Sランク冒険者は余裕だが、あくまで俺は『商人』なんだ。前衛に立って戦うなんて野蛮なことはしたくない。 表向き戦力にならない『商人』の俺を受け入れてくれるメンバーを探していたが、火力重視の冒険者たちからは相手にされない。 そんな、ある日、冒険者ギルドでは流行している、『パーティー追放』の餌食になった問題児二人とひょんなことからパーティーを組むことになった。 一人は『武闘家』ファーマ。もう一人は『精霊術士』カーラ。ともになぜか上級職から始まっていて、成長できず仲間から追放された女冒険者だ。 俺はそんな追放された二人とともに冒険者パーティー『追放者《アウトキャスト》』を結成する。 その後、前のパーティーとのひと悶着があって、『魔術師』アウリースも参加することとなった。 本当は彼女らが成長し、他のパーティーに入れるまでの暫定パーティーのつもりだったが、俺の指導でメキメキと実力を伸ばしていき、いつの間にか『追放者《アウトキャスト》』が最強のハーレムパーティーと言われるSSランクを得るまでの話。 ※小説家になろう様、ハーメルン様、カクヨム様、ツギクル様にも重複掲載しております
24hポイント 36,063pt
小説 36 位 / 36,085件 ファンタジー 21 位 / 13,137件
文字数 377,432 最終更新日 2018.11.15 登録日 2018.08.01
ファンタジー 完結 ショートショート
 ―虚構少女 E.G.Oー キャラクター小説コンテスト応募作です。 気に入りましたら、お気に入り登録と応援お願いします(`・ω・´)ゞ
24hポイント 14pt
小説 8,792 位 / 36,085件 ファンタジー 2,753 位 / 13,137件
文字数 7,583 最終更新日 2018.08.14 登録日 2018.08.14
※小説家になろう様でも同名タイトルで先行掲載しております。  ゲーム中に異世界へ転移して半月、喰うために冒険者家業をしていた山科凍夜(やましな とうや)は死が身近なダンジョンで魔物に追われ、地図にも無い部屋に落ちてしまう。  その部屋で出会った少女は、自らを神に近しい存在という疑似人格AIアルフレイヤであった。  彼女から自分が転移させられた経緯を聞いたトウヤは、アルフレイヤの願いを叶えるとともに、自らが元の世界へ帰還するために、『シャフト』と呼ばれるダンジョンの最深部を目指すことになる。  チートを使える猫になったアルフレイヤによって、トウヤは常人より優遇されたステータス・システムを利用し、自らが立ち上げたクラン『深淵の捜索者(アビス・シーカーズ)』に集った、同じ境遇の転移者や才能ある仲間たちと共に、異世界脱出のため『シャフトの最深部』へ向かって進み続けることになった。
24hポイント 63pt
小説 4,620 位 / 36,085件 ファンタジー 1,514 位 / 13,137件
文字数 55,542 最終更新日 2018.08.13 登録日 2018.06.16
 佐藤健一(さとう けんいち)40歳。  全てにどん詰まった人生に陥ったおっさんだった俺は酒に酔って寝ていたら、目覚めると異世界の大貴族の嫡子であるイケメン青年になっていた。  不思議に思っていると脳内響く女性の声から『人生交換プログラムを実施しました』と告げられる。  聞けば、神様が二つの世界を救うため、この異世界のイケメン青年とどん詰まりの俺の人生を入れ替えたらしい。  入れ替わった人生では十五歳の大貴族の嫡子で年上美女二人が侍るとかいうあり得ない好待遇が待っていた。  しかも、転生物に定番の魔王退治なんかの危ないこともしなくていいらしく、大貴族の嫡子として美女を侍らせまったりと生活を楽しんでいいらしい。  現代日本でどん詰まりの無理ゲーっぽい人生を送らされていたおっさん俺が、交換先の異世界で美女たちともに二度目の人生をリスタートさせ、異世界各地を回ってまったりとスローライフする物語。
24hポイント 191pt
小説 2,666 位 / 36,085件 ファンタジー 993 位 / 13,137件
文字数 59,893 最終更新日 2018.08.02 登録日 2018.05.11
 自分は庶民だと思っていたあたしだが、流行り病で亡くした父が、実は大貴族であるアーバイン公爵の息子であり、孫の存在を知った祖父アーバイン公爵によって貴族の令嬢になっていた。  貧乏暮らしをしていたが、父から厳しく育てられたあたしは、黙っていれば深層の令嬢と思わせるほど、完璧な礼儀作法を覚えており、そんな彼女に一目ぼれしたセイクリッド王国の第一王子と婚約を交わすことになる。  しかし、同じく第一王子の婚約者の座を狙っていた貴族によって自らの素性をバラされ、婚約破棄を言い渡されると、祖父であるアーバイン公爵がショックで病死、家は祖父が積み上げた借金で破産寸前、逃げるように王都を去り唯一残された辺境の領地ティローンへと流れつく。  その地で待っていたのは、あたしのアーバイン家令嬢としての血筋を利用しようと狙う、新興の大商会レインウォーター商会の会頭の養子である見目の良い青年商人ロシュ・レインウォーターであった。  彼はあたしに多額の借金を清算する代わりに自分の嫁になれと迫ってきたが、あたしが領地運営に困ると、文句をいいながらも援助をするという偏屈者であった。  そんな彼とティローンの住民たちとでアーバイン家のこさえた借金を返していると、婚約破棄したはずの第一王子まで訪ねてきてあたしをやっぱり嫁にしたいと言い出した。  波乱万丈な人生を歩むことになった、このセイラ・アーバインの話を聞いて頂戴な!
24hポイント 461pt
小説 1,443 位 / 36,085件 恋愛 478 位 / 8,429件
文字数 50,448 最終更新日 2018.05.31 登録日 2018.05.12
 フォルセ王国一番の猟団である華麗なる獅子王《スプレンディッド・ライオンキング》でトップエースとして将来を期待されていたイェスタは、ある狩猟の最中に子供を庇い、片手片足を失うと、凶竜を狩る狩猟者《ハンター》としてのキャリアを失ったに等しい状況に陥る。  輝かしいキャリアを失ったため、荒れていたイェスタに追い打ちをかけるように、信頼していた師匠であり、所属していた猟団の猟団長を勤めていたマルセロから、猟団からの追放を言い渡され、失意の内に王都から姿を消した。  数年後、辺境の新興城塞都市で、フリーハンターをして食いつないでいたおっさんのイェスタは、ひょんなことから、ハンターギルドの中で最下位のお荷物猟団と言われる辺境の狩猟者《フロンティア・ハンター》で猟団長を務めることになり、彼らとともに周囲の人々が驚くような数々の奇跡を巻き起こしていく。  トップエースから失墜したおっさん猟団長と、癖のある猟団メンバーたちが引き起こす、超絶成り上がり系小説ここに開幕いたします。 ※小説家になろう様、カクヨム様、ノベルバ様へ順次重複掲載していきます。 ※最新話はアルファポリス様が最初に読めるようになっております。
24hポイント 49pt
小説 5,243 位 / 36,085件 ファンタジー 1,686 位 / 13,137件
文字数 162,719 最終更新日 2018.05.12 登録日 2018.03.23
白布孝明(しらぬのたかあき)は、出勤途上の電車において、女性を襲おうとしたストーカーによって刺され、三二歳の人生を終えてしまった。そして、身体から抜け出して魂だけの存在になると、中性的な顔立ちをした天使のらしき人物に声をかけられ、転生先の選択を迫られた。一つは、爆発する岩、一つは、雷に打たれる木、そして、最後の転生先に示されたのが、勇者のパンツというよく分からないものであった。詳しく内容を聞き出すと、どうも女性の勇者の股間に装備される一生を過ごせるらしいことが判明し、転生を即座に決めて、異世界クロスアンジュに転生した。そこであった勇者紋を持つ、女勇者アルメイアとともに魔王討伐の旅に出ることとなった。こうして、オレのパンツとしての異世界生活が始まりを告げることになった。 ※ノクターンノベル様の掲載している作品の転載です。 ※R18指定なのでよろしくお願いします。
24hポイント 42pt
小説 5,615 位 / 36,085件 ファンタジー 1,786 位 / 13,137件
文字数 5,272 最終更新日 2017.07.16 登録日 2017.07.16
 クリエイト・ワールドと呼ばれる世界構築系ゲームに情熱を注いでいた村上 創(むらかみ つくる)は胡散臭い女神によって異世界に転生してしてしまう。  気が付いた先はさきほどまでしていたクリエイト・ワールドに酷似した世界で、この世界におけるチートな職業である『ビルダー』として転生していた。  ゲームで見覚えのある世界に転生したツクルは妖狐族のルシアと出会い、最果ての村と呼ばれる集落に住むことになる。  その地は辺境のうちの更に辺境で、ゲームでは再序盤に訪れる村であったが、村は食料すら自給できず、消滅寸前にまで追い込まれていた。  ゲームにおいてこの地で壮麗な都市を建てた経験を持つツクルは、ルシアや住民たちを助け、自らの願望である壮麗な都市の建設に向けて、チート技術である『ビルダー』の力を使い、寒村を発展させる決意をする。  そして、最果ての村と呼ばれた村は創造神イクリプスの使徒である『ツクル』のもとで、様々な住民を迎え入れて発展していくこととなった。 ※この作品はRe:ビルド!の改稿版です。
24hポイント 0pt
小説 18,486 位 / 18,486件 ファンタジー 6,895 位 / 6,895件
8