5
 今年で33歳になる斉藤拓也は、中国のオンラインモールで『RC-AVATAR(リアル コピー アバター)』という商品を手に入れる。説明書も読まずに開封してしまった拓也は、自分と全く同じ形のコピーロボットを作ってしまう事になった。 ・RC-AVATARの特徴 ①自分そっくりのコピーロボットを作成出来る。 ②そのコピーロボットの見た目をカスタマイズ出来る。 (「顔を小さく」や「足を長く」など、コピー元から逸脱した編集は不可能) ③5Dゴーグルという名のコントローラーで操作する事が出来る。 ④AIによる自動運転も可能 ※③と④は同時には出来ない。  コピーロボットをカスタマイズ出来る事を知った拓也は、自分の理想とするルックスへと変えてしまう。元々は小太り気味だった拓也のコピーロボットは、そこそこのイケメンになったのだ。拓也は、そのコピーロボットに『タク』という名前を付けた。  拓也は勤めていた文具メーカーを2年前に辞め、FXで生計を立てていた。だが成績は芳しくなく、少しでも収入を増やそうと『タク』を操作してアルバイトを始める。そのアルバイト先で、拓也は『タク』越しに白石さんという、1人の女性に恋心を抱いてしまう。  その後、拓也とタクが取った行動とは……。
24hポイント 0pt
小説 83,761 位 / 83,761件 恋愛 22,287 位 / 22,287件
文字数 82,502 最終更新日 2020.02.03 登録日 2020.02.03
SF 完結 長編
ロールプレイングゲーム。 子供の頃、僕はその世界の主人公になりたいと思っていた。 もちろん、そんな事は不可能だ。 出来たとしてもそれはテレビゲームの中……。 だが、僕が19歳になったある日、 「『本物』の勇者になってみませんか?」 そんなキャッチコピーのムービー広告に出会った。 ドローンが映し出す映像は、 まさに本物のロールプレイングゲームの世界だった。 旅人が集まる村に、王様の住む城、 野原にはモンスターが駆け回り、 黒い雲に覆われた魔王城までが再現されていた。 戦士役のプレイヤーは黄金の剣を振るい、 魔法使い役のプレイヤーは杖から炎の魔法を発動させた。 僕は早速ホームページで情報を集めた。 舞台は日本のどこかの無人島らしい。 ムービー広告の世界が、そのまま再現されているという。 参加費はなんと、120万円……。 ネット上では、 「ムービー広告の内容なんて再現出来る訳がない」 そんな書き込みばかりだった。 だけど僕は参加を決めた。 貯金を崩し、足りない分は親に借りてまでだ。 そして今日、待ちに待った島への上陸の日がやってきた。 この島は、僕の期待に応えてくれるのだろうか。 そんな思いを胸に、僕は『旅立ちの村ルッカ』への扉を開けた。
24hポイント 21pt
小説 15,493 位 / 83,761件 SF 195 位 / 2,663件
文字数 147,363 最終更新日 2020.01.31 登録日 2019.11.01
アカネにミドリ、アオイとモモカ。 そして、私スミレを合わせた仲良し5人組。 こっそり自分たちの事を『カラーズ』なんて呼んでます。 だけど、とある事件から私たちの間にヒビが入ってしまいます。 仲良し『カラーズ』の中に、裏切り者がいる!?
24hポイント 0pt
小説 83,761 位 / 83,761件 青春 3,647 位 / 3,647件
文字数 12,600 最終更新日 2019.11.10 登録日 2019.11.10
SF 完結 短編
若くしてバイク事故で命を落としたヒロキ。ヒロキのいる世界では、死者同士で話が出来るという。そのシステムはまるで、現代のSNS……!? だが、その世界も永遠のものではなく、未練が無くなるとこの世界からも消えるという。最後に両親に一言謝りたかったヒロキ。月日が経ち、父も亡くなりこの世界にやってきた。 そして、父の死因を聞いたヒロキは衝撃を受ける。その死因とは……。
24hポイント 0pt
小説 83,761 位 / 83,761件 SF 2,663 位 / 2,663件
文字数 8,550 最終更新日 2019.11.10 登録日 2019.11.10
SF 完結 長編
小学5年生の時に、転校してきた片桐柊眞。 彼は誰にも心を開くこと無く、いつも一人で絵を描いていた。 クラスの誰もが片桐を相手にしなかったが、僕だけは彼に興味があった。 僕も絵を描くことが大好きだったからだ。 僕たちはある事をキッカケに、毎日放課後に一緒に絵を描くようになる。 「今日のテーマは水中対決ね!」そんなテーマを掲げては、 僕達は戦士やモンスターを毎日描き続けた。 そして、その絵も50枚に達した頃、 片桐はまた別の学校へと転校して行った……。 それから5年後。 東京のお台場にモンスターが現れたという。 テレビでそのモンスターを見た僕は驚愕した。 そこに映し出されていたモンスターは僕が描いたものだったからだ……。
24hポイント 0pt
小説 83,761 位 / 83,761件 SF 2,663 位 / 2,663件
文字数 57,662 最終更新日 2019.11.09 登録日 2019.10.14
5