つちねこ

つちねこ

『ダンジョンの管理人はじめました。』(集英社ダッシュエックス文庫)にて出版デビュー。『不遇スキルの錬金術師、領地を開拓する』が、このたび晴れてアルファポリスから書籍化となりました。
6
魔王に担ぎあげられて数年。戦況は芳しくなくとうとう魔王城に勇者パーティがやって来た。 仲間だと思っていた連中も既に逃げ出しており助けに来る気配はない。薄情な奴らだとは思っていたが実際ここまでとは思わなかった。信頼していた側近の四天王ですら姿が見えないのだから。 だがそれもここまでだ……。 こうなることを見越して我は新魔法を創り上げていたのだ。 それは魂を移動させる禁忌とされる暗黒魔法。 こんな魔王軍からは離脱して、のどかで平和な世界で生き直してやる。 もう決めたのだ。魔王軍の敗戦で平和が訪れるであろう人の世界でのんびり畑でも耕しながらスローライフをおくることを。 ところがその農村では何故か急激に観光産業の波が押し寄せ、自分を倒した勇者や聖女も村にやってきたりと、企図せず巻き込まれてしまう元魔王の絶望からはじまる物語。
24hポイント 7,797pt
小説 312 位 / 124,880件 ファンタジー 75 位 / 32,237件
文字数 78,666 最終更新日 2021.11.28 登録日 2021.11.16
【書籍化2021年3月1巻 2021年7月2巻予定】 貴族の三男であるクロウ・エルドラドにとって、スキルはとても重要なものである。優秀な家系であるエルドラド家において、四大属性スキルを得ることは必須事項であった。 しかしながら、手に入れたのは不遇スキルと名高い錬金術スキルだった。 残念スキルを授かったクロウは、貴族としての生き方は難しいと判断され、辺境の地を開拓するように命じられてしまう。 ところがクロウの授かったスキルは、領地開拓に向いているようで、あっという間に村から都市へと変革してしまう。 これは辺境の地を過剰防衛ともいえる城郭都市に作り変え、数多の特産物を作り、領地経営の父としてその名を歴史轟かすことになるクロウ・エルドラドの物語である。
24hポイント 7,284pt
小説 325 位 / 124,880件 ファンタジー 82 位 / 32,237件
文字数 398,843 最終更新日 2021.11.26 登録日 2020.10.19
昔々あるところに、今にも倒れてしまいそうな不死鳥がおりました。この不死鳥、生まれたばかりにも関わらず災難に次ぐ災難で狩人の罠に掛かってしまったようなのです。 自ら命をあきらめて、再び輪廻転生の旅へと向かおうとしていたところ、近くの村に住む少年に奇跡的に助けられたのでした。 何とか恩返しがしたいと思った不死鳥は数年の時を経て、少女の姿に変身できるまでに成長すると、あの時の恩を返すべく少年がいる村へとやって来たのでした。 これは不死鳥による過剰な恩返しと、美しい少女(不死鳥)に心奪われてしまったアルトリオの恋と成長を綴った物語です。 ブクマの準備は出来ていますか? それでは、はじまりはじまり。
24hポイント 49pt
小説 13,073 位 / 124,880件 ファンタジー 2,389 位 / 32,237件
文字数 52,973 最終更新日 2021.03.31 登録日 2021.03.20
モンスターが現れるようになってから百年。ドロップアイテムの研究が進んだ結果、抽出された魔法接種薬により世に魔法少女が誕生していた。 魔法少女はモンスターから街の平和を守るため活躍し全ての少女達の憧れとなっている。 そんなある日、最低ランクのFランク魔法少女としてデビューをむかえるエリーゼに緊急の指令が命じられる。それは、政府と距離を置いていた魔法一族との共同事業だった。 この物語は、最強の魔法使いがFランク新人魔法少女をしょうがなく育成していく物語である。
24hポイント 28pt
小説 17,373 位 / 124,880件 ファンタジー 3,089 位 / 32,237件
文字数 104,954 最終更新日 2020.10.18 登録日 2020.10.01
「職業は……まおう。レックスの職業は、魔王です」 えっ、魔王って職業だったの!? もちろん、職業が魔王な僕は、そのまま村に居られるはずもなく追放されてしまう。 気掛かりといえば、幼馴染のエリオ。彼女の職業は勇者だったのだ。魔王討伐の旅は簡単なことではない。あれっ、でも魔王って僕? 逃げた先で出会った魔王軍の元四天王に助けられながらも、レックスは魔王の力を想像以上に扱えるようになっていく。 この物語は、器用さだけが売りだった農家の少年が魔王の力に覚醒し、陰の第三勢力となり無双するお話である。
24hポイント 14pt
小説 23,440 位 / 124,880件 ファンタジー 4,178 位 / 32,237件
文字数 151,074 最終更新日 2020.09.11 登録日 2020.08.16
この世界では、十四歳になると自らが呼び出した召喚獣の影響で魔法が使えるようになる。 とはいっても、誰でも使えるわけではない。魔法学園に入学して学園で管理された魔方陣を使わなければならないからだ。 そして、それなりに裕福な生まれの者でなければ魔法学園に通うことすらできない。 魔法は契約した召喚獣を通じて使用できるようになるため、強い召喚獣を呼び出し、無事に契約を結んだ者こそが、エリートであり優秀者と呼ばれる。 もちろん、下級召喚獣と契約したからといって強くなれないわけではない。 召喚主と召喚獣の信頼関係、経験値の積み重ねによりレベルを上げていき、上位の召喚獣へと進化させることも可能だからだ。 しかしながら、この物語は弱い召喚獣を強くしていく成り上がりストーリーではない。 一般よりも少し裕福な商人の次男坊ルーク・エルフェンが、何故かヤバい召喚獣を呼び出してしまったことによるドタバタコメディーであり、また仲間と共に成長していくストーリーでもある。
24hポイント 56pt
小説 12,147 位 / 124,880件 ファンタジー 2,222 位 / 32,237件
文字数 135,525 最終更新日 2020.03.26 登録日 2020.01.20
6