2
 理学療法士の如月万里(きさらぎ ばんり)は派閥争いに馴染めずに副主任の椅子を逃がし、退職して以前から誘われていた弟が暮らす母方の祖母の家で暮らすことにした。  万里にはのんびりした暮らしの方が合っているからむしろスッキリしただろうと思っていたのに、どこか様子がおかしい。
24hポイント 0pt
小説 121,897 位 / 121,897件 現代文学 6,296 位 / 6,296件
文字数 31,819 最終更新日 2021.08.21 登録日 2021.06.30
 木下静太郎(きのした せいたろう)は普通の人物。それなのに父親がさっさと隠居してしまい、20歳で家督を継いで国家老にされてしまった。  仕えるのは1万石の弱小大名で財政は厳しい。殿は静太郎の弟に執心で政治に無関心。殿の弟も形式ばったことが苦手で政治には不向き。江戸家老は政治よりも娘が大事。  気苦労の絶えない静太郎の日常。
24hポイント 0pt
小説 121,897 位 / 121,897件 歴史・時代 1,411 位 / 1,411件
文字数 12,516 最終更新日 2021.06.04 登録日 2021.05.28
2