六つ花えいこ

六つ花えいこ

尽くし系男子、ズボラ系女子のお話ばかり書いてます。
17
恋愛 完結 長編 R15
「惚れ薬を作って欲しい」 ”湖の善き魔女”はある日、片思い相手に惚れ薬を依頼され、失恋した。 これが最初で最後なら少しでも一緒にいたい。 せめて時間を引き延ばそうと数々の注文を付ける魔女の主食がレタスと知り、何故か騎士は餌付けをはじめた。 レタスが栄養源だった引きこもり魔女と、真面目で上から目線な騎士の、惚れ薬から始まる恋のおはなし。
24hポイント 2,919pt
小説 433 位 / 47,066件 恋愛 186 位 / 11,179件
文字数 113,227 最終更新日 2019.04.27 登録日 2019.04.10
祖父ゆずりの脳筋で、男勝りなエレノア。王女ベアトリーチェの美しさに魅せられた彼女は、男のふりをして王女の近衛騎士となった。そんなある日、ベアトリーチェが近隣国の王子とお見合いすることに。だが、彼女は不思議な鏡でエレノアと体を入れ替え、城から逃亡してしまった! やむをえず代役を務めることにしたエレノアだけれど、お見合いの席では失敗ばかり。それなのに、なぜか王子には気に入られてしまい――? 偽者王女と曲者王子のドタバタ恋愛ファンタジー!
24hポイント 170pt
小説 3,549 位 / 47,066件 ファンタジー 1,134 位 / 15,728件
文字数 30,533 最終更新日 2017.10.02 登録日 2017.10.02
「子猿にしか見えない」 世界を救った褒美に与えられたのは愛しい人との結婚。それを自分だけが望んでいたのだと知った理世は、旅に出ることを決意する。 逃げるように飛び込んだ酒場で、酔っ払いに絡まれた理世を助けたのは、美しい女性騎士だった。テレーズと名乗った彼女と、理世は二度目の旅を共にすることになる。 しかし、理世は知らなかった。 その美女の正体を。彼女の、優しさの理由も――
24hポイント 156pt
小説 3,714 位 / 47,066件 恋愛 1,317 位 / 11,179件
文字数 34,866 最終更新日 2015.11.12 登録日 2015.08.20
「おかえりなさい」 「あぁ、いらっしゃい」 同じマンションに住む陽介と実里は幼馴染。 最近では話すことさえなくなった二人であったが、ひょんなことから、実里は陽介のために毎晩家に通っておさんどんをすることになった。 「いただきます」 「はい、どうぞ」 手と手を合わせて、心を繋いでいく二人の、のんびりとしたお話。
24hポイント 340pt
小説 2,156 位 / 47,066件 青春 37 位 / 2,515件
文字数 40,105 最終更新日 2015.09.06 登録日 2015.09.02
かつてその娘は、魔王であった。 悪逆非道の限りを尽くした魔王は、その生を終えると、なんの力も持たぬただの人間の娘へと転生した。 しかし、非力な少女であっても、やはり魔王の先には悪しき道が示されていた。 「まぁ卑しい事。そんなに貪らなくても、まだ沢山おかわりはありましてよ」 さぁほら、食べなさい。そう言って魔王は鱈腹で涙を浮かべる少女にウサギ型に切られた林檎を突き出した。 ――これは元魔王であった悪役令嬢が、真実を見つけるお話である。
24hポイント 35pt
小説 8,004 位 / 47,066件 恋愛 2,717 位 / 11,179件
文字数 25,975 最終更新日 2015.09.06 登録日 2015.09.02
12の時から5年間。 私が好きになった人は、“先生”でした。
24hポイント 42pt
小説 7,174 位 / 47,066件 恋愛 2,519 位 / 11,179件
文字数 10,403 最終更新日 2015.08.21 登録日 2015.08.21
私は五年前、この世界に“召喚”された。
24hポイント 92pt
小説 4,887 位 / 47,066件 ファンタジー 1,426 位 / 15,728件
文字数 22,623 最終更新日 2015.08.20 登録日 2015.08.20
私の姉は、聖女だったらしい。 四年前に亡くなった姉を探してやってきたのは金髪碧眼の麗しい王子様。『世界の平和を救う為』なんていう日曜朝7時30分からな理由で姉を迎えに来たというが、姉はすでに骨壷に収まっている。このままでは帰れないと嘆く王子に私は聞いた。 「あんた何ができんのよ?」 「棒、槍、剣、双剣、斧、弓は一通り習得しておりますので、身を張る仕事でしたら―――」 「ばかっ!そんな仕事、現代日本にあるわけないでしょ!」 聖女の妹だという女王様な私と、その配下に下った王子様とのへんてこ同居ライフが今始まる。 (※「聖女の、その後」というお話のその後のお話となります。)
24hポイント 166pt
小説 243 位 / 19,047件 恋愛 64 位 / 4,986件
私は五年前、この世界に“召喚”された。
24hポイント 100pt
小説 375 位 / 19,047件 ファンタジー 193 位 / 7,281件
好きな相手は幼馴染のお姉さん。 学校じゃそこそこもてるのに、彼女にはちっとも通用しない。それは年の差だけが原因じゃないようで―――? 彼女の二次嫁に負け続ける男の子のお話。
24hポイント 35pt
小説 824 位 / 19,047件 恋愛 295 位 / 4,986件
恋愛 完結 長編 R15
「聖女様。どうぞ世界をお救いください」 「よし来た! どんと来い!」 軽い気持ちで引き受けた異世界トリップであったが、待ち受けていた現実はあまりにも悲惨だった。 『ちょっと待って、私、これ、まさか――!』 夢見がちな女子高生、虎屋笑美。今冒険の旅に出る!
24hポイント 93pt
小説 398 位 / 19,047件 恋愛 114 位 / 4,986件
「おかえりなさい」 「あぁ、いらっしゃい」 同じマンションに住む陽介と実里は幼馴染。 最近では話すことさえなくなった二人であったが、ひょんなことから、実里は陽介のために毎晩家に通っておさんどんをすることになった。 「いただきます」 「はい、どうぞ」 手と手を合わせて、心を繋いでいく二人の、のんびりとしたお話。
24hポイント 85pt
小説 422 位 / 19,047件 恋愛 126 位 / 4,986件
かつてその娘は、魔王であった。 悪逆非道の限りを尽くした魔王は、その生を終えると、なんの力も持たぬただの人間の娘へと転生した。 しかし、非力な少女であっても、やはり魔王の先には悪しき道が示されていた。 「まぁ卑しい事。そんなに貪らなくても、まだ沢山おかわりはありましてよ」 さぁほら、食べなさい。そう言って魔王は鱈腹で涙を浮かべる少女にウサギ型に切られた林檎を突き出した。 ――これは元魔王であった悪役令嬢が、真実を見つけるお話である。
24hポイント 29pt
小説 926 位 / 19,047件 恋愛 338 位 / 4,986件
万里は死んだ。合コンに行く最中だった。 目が覚めた時、彼女はローズマリーと呼ばれる純朴な子爵令嬢となっていた。王太子の嫁候補として王城に招かれることになった彼女は、培ってきた合コン技術で何とか王太子と仲良くなりたいけれど――!? 「アメージーーーッング!」 今日も屋敷に、不気味な雄たけびが鳴り響く……。
24hポイント 56pt
小説 588 位 / 19,047件 ファンタジー 280 位 / 7,281件
恋愛 連載中 短編
魔王を討ち果たした勇者が褒美に求めたものは、富でも名誉でもなく、たった一人の愛しいお姫様。勇者とお姫様は、王様に賜った領地で、末永く幸せに―― 「ストップストップ、ストーップ! 大事なところが抜けてます。勇者の求めたお姫様は、彼の親友の、婚約者だったってこと!」 あら、そうそう。そうでした。 勇者とお姫様の、結婚から始まる物語。はじまりはじまり――
24hポイント 120pt
小説 324 位 / 19,047件 恋愛 90 位 / 4,986件
天涯孤独の身となった奈枝は、祖母の花嫁箪笥の引き出しから――なんと異世界に辿り着いてしまった。 そこで、セイクリッドと名乗る天邪鬼な少年と、出会い、別れ、そして。 彼女は今日も、引き出しを開ける。 「やっほう、セイ君。大きくなったねぇ」 お土産は、飴と、笑顔と、溢れんほどの愛。 *** (※聖女シリーズですが、短編でも読めます?)
24hポイント 156pt
小説 259 位 / 19,047件 恋愛 71 位 / 4,986件
修道院で慎ましく過ごしていたシャンテの元に現れたのは、豪華な馬車に乗った輝かんばかりの美丈夫。 「君の歌を聴くと、僕は意識が飛ぶらしい」 「はい?」 眠れない侯爵と、子守唄係りとなったシャンテの、奇妙な婚約生活。
24hポイント 103pt
小説 365 位 / 19,047件 恋愛 104 位 / 4,986件
17