僕

書くのって飽きる
2
恋愛 連載中 短編
この国には、国を支える四つの公爵家があった。 一つが、自然の恵みを持つ公爵家。 二つが、闇と光を纏う公爵家。 三つが、魔力の源の公爵家。 そして、四つ目が、神に愛された公爵家である。 昔、精霊に与えられた四つの力。それらの当主は1世代に一人生まれる異能持ちの子。 この中のどれかの公爵家がなくなれば、国に平穏は二度と訪れない。 そして、私こと四つ目の公爵家、クローズロール家の、 エンリル・クローズロール。 私には姉アネリーがいる。家族や使用人などにも暴言を吐かれ、私は家の中に居場所がなかった。 なぜかというと、私は両親に似てなかったからだ。どちらかが不倫してできた子、の討論に発展し、姉の一言でその話は終わったそうだ 「なら、この子捨てちゃえばー?」 私は、酷く残酷な扱いを受けながらも、ここにいた。 息をしていた。 でも、ある日十八歳になった私は異能が使えることに気づいた。だから、私は殺された。あの、腐った親子達に。 暗い、何も見えない、何もわからない、暗いのは嫌。怖い、助けてよ。 「ごめんなさい、酷なことをさせてしまって……大丈夫、次は上手くできますよ、好きに生きてくださいね。ずっと、私達はいますから」 光が見えた、銀色の髪が見えた。 神に愛された公爵家、あぁ、なるほど。助けてくれたんだね。 次はうまくやるよ、抜け出してやる。 そして、私は五歳にもどった。 他の公爵家に引き取られ、当主の証異能が出てきた頃、エンリルは一度家に帰ることに。 神の血筋を受けた当主のエンリル、堂々とした立ち振る舞いに家族はとうとうこんな発言をしてしまう。 「出ていけ…!!異能などなくても姉がいるんだぞ!」 「わかりました」 「さぁ、どうなりますかね」 残ったのは、破滅だけでしょうが。
24hポイント 880pt
小説 1,777 位 / 139,943件 恋愛 878 位 / 43,215件
文字数 39,619 最終更新日 2022.05.08 登録日 2022.02.06
恋愛 連載中 短編
「はぁ……今日もお麗しいわ」 いつもその姿を見てため息を漏らす。美しい、自分には近寄るのもおこがましい。 「エルノ様……」 そう、私が好きなのはエルノ・カルトル、根暗王子と呼ばれている。 公爵家の娘アリス・リリックレース。公爵家の中でも一番大きな家。 攻略結婚で王子ルークとの婚約が決まったが、ルークは女好きでアリスとは一回しか会ったことがない。 それも、風邪をひいてた為、顔も見ずそれっきり。 なので婚約者に浮気されっぱなしのアリス。 けれど、ルークがアリスの十八の誕生日のとき、ルーク自身が婚約破棄を申し出た。 ーー婚約破棄……?やったわ! 心配する両親と弟をよそに、アリスはとても喜んだ。 これであの、エルノ様に近づいても大丈夫なのだから。 と、思っていたはずが暫くすると婚約を戻してほしいとのお申し出が……!? 絶対嫌ですわ! とても嬉しい婚約破棄、これは差別されてきた根暗王子とずっと片思いしていたが家柄にとらわれていた少女のお話。 ⚠ここの作者は自由人です。誤字脱字多数、言葉の言い回し変。それでも良い方だけご覧ください。
24hポイント 78pt
小説 13,150 位 / 139,943件 恋愛 6,437 位 / 43,215件
文字数 10,059 最終更新日 2022.01.16 登録日 2022.01.10
2