僕

自由に書いていくスタイル。 アカウント消えたのでもっかい作り直した。
7
恋愛 連載中 短編
とある国では、公爵家から優秀な子を一人差し出し、その家同士で誰が優秀かを競うことがあった。 そして、その優秀な者は王となる資格を得るのだ。 血筋は関係なく、優秀な者を上に立たせようという身勝手な大人の発想から成り立ったもの。 殺す事も許可され、王となった子を持つその家は王族の仲間入りとなる。 だから、公爵家は優秀な殺戮者を育てようとした。自然に、どの公爵家も冷酷な殺人鬼の集まりとなった。 ただ、一人を除いて… エレス・ダーテヘレスこと藤原結は、その話の憑依者となった。 前世の彼女は天才とうたわれ、とても張り合いのなくつまらない日々を過ごしていた。 そんな中、あまりにも突飛的で科学でも証明できないことが起こった彼女は、それはとても面白がった。 けれど、問題なのは憑依したエレスは、ちょうどその王決定戦の時だった。 天才であるがゆえに友達がいなかった彼女は、この場違いな場所で友達を作ろうと決意したのであった。 彼女の頭脳の方が上か、彼らの人殺しの技が上か、その物語が今始まる。
24h.ポイント 0pt
小説 187,166 位 / 187,166件 恋愛 56,732 位 / 56,732件
文字数 10,034 最終更新日 2023.05.14 登録日 2023.05.14
恋愛 連載中 短編
会社員結鶴はそこそこの人生を歩んできた。 唯一彼女の人生に狂いがあったのは、夫に友達の結婚式で婚約破棄をされるということだけだっただろう。 結鶴はその影響からか、大量の流行りの婚約破棄系ラノベを読み漁り、主人公に同情し、その主人公が幸せになる未来を応援していた。 それは、自分と重ねていたからだ。 そんな結鶴は、死ぬべきではない時に電車で事故って死んでしまった。 神様はそんな結鶴に「転生の権利」を与えた。結鶴は何よりも「婚約破棄をされない世界」を望んだ。 結鶴の願い通り、それは叶った。 婚約破棄をすれば死ぬ、というとても重い世界だったからだ。 「いや………そういうんじゃないんだよ!神様!!!」
24h.ポイント 0pt
小説 187,166 位 / 187,166件 恋愛 56,732 位 / 56,732件
文字数 2,264 最終更新日 2023.03.11 登録日 2023.03.11
恋愛 連載中 短編
「婚約破棄だ」 その一言、何度聞いたことか。 あちらから婚約を申し込んできたのに、浮気ばかりする馬鹿な王子。 そのたびに私は「待って」と泣き縋る。彼はその姿を見て、満足そうに表情を変えた。 そして言うのだ。「彼女がどうしてもというから…」周りにまるで私が婚約者に執着してる女のように。 だから周りに人が離れていく。 まさに、歪んでいる。 そう気づいたのは、今やっと。 「わかりました」 だから私も満面な笑みで了承した。 彼は驚く、「待って」という。 「もう待ってあげない」
24h.ポイント 0pt
小説 187,166 位 / 187,166件 恋愛 56,732 位 / 56,732件
文字数 2,465 最終更新日 2023.01.27 登録日 2023.01.27
恋愛 連載中 短編
平民として生き、平民として死んでいく。 そう信じて疑わなかった。 兄と私は捨て子。スラム街に捨てられ、それでもなんとか生き残って、普通の生活までたどり着いた。 病弱な兄と具の少ない冷えたスープを飲む、硬いパンを笑いながら食す。 薬ではもう癒えぬ兄の体、日に日に痩せ細っていく兄、死ぬまで幸せでいてほしいと死物狂いで働いた。 魔法も、薬学も、聖力も、剣も、全部学び、戦い、有名人にまでなった。 だが、兄は死んだ。 殺された。 皮肉なことに、病気ではなく殺されてしまった。 たった17歳でこの世を去った兄、そこに残された15歳の妹はどう生きればいいのか。 兄を殺した相手は公爵家の当主。 「お前が私の娘か」 「は…?」 血まみれな兄を見て、呆然と立ち尽くす私に対してその殺人鬼は言う。 私は、公爵家の娘であった。
24h.ポイント 0pt
小説 187,166 位 / 187,166件 恋愛 56,732 位 / 56,732件
文字数 4,162 最終更新日 2022.08.15 登録日 2022.08.15
恋愛 連載中 短編
とある国には、珍しくも聖女が二人も誕生してしまった。 一人は歴代最高の聖女、もう一人は力は極僅かだったが絶世の美女だとされていた。 歴代最高の聖女は普段表には出ず、協会で仕事を淡々とこなす機械のようだと。 美人聖女は暇を弄び、お金を散財し、さも自分が偉いかのように振る舞っている。 住人は聖女の魅力に魅了された。 「もう一人の聖女なんて、聖女じゃないだろ」 それが住人達の口癖になるほど、そのもう一人の聖女は頭を抱えた。 七色輝く金髪に、白い肌、宝石眼のルビーの瞳。 白く透明なレースが施されていて神のような姿。 ーーー無理ですね、これ。 ノルン・ディースは悟った。 ノルンはやがて歴代最高の力とすら言われなくなり、別のあだ名、金食い虫がついた。 怒る?呆れる?普通の人なら発狂する。だが、ノルンは違った。 自由に、生きたい。 彼女のその願いは神に届いたのか、はたまた彼女の力なのか。 とうとう捨てられた彼女は、魔王に拾われ魔界に。 けれど、そこで待っていたのは優しい魔物達。生まれてから一度も優しくされてもらったことがない彼女はいつしか魔界を発展させるように。 魔界の味方をする彼女、王国はその重要さに気づきなんとか取り戻そうとするがーーーー? 「貴方達への慈悲は捨てました」
24h.ポイント 0pt
小説 187,166 位 / 187,166件 恋愛 56,732 位 / 56,732件
文字数 16,067 最終更新日 2022.06.12 登録日 2022.05.30
恋愛 連載中 短編
この国には、国を支える四つの公爵家があった。 一つが、自然の恵みを持つ公爵家。 二つが、闇と光を纏う公爵家。 三つが、魔力の源の公爵家。 そして、四つ目が、神に愛された公爵家である。 昔、精霊に与えられた四つの力。それらの当主は1世代に一人生まれる異能持ちの子。 この中のどれかの公爵家がなくなれば、国に平穏は二度と訪れない。 そして、私こと四つ目の公爵家、クローズロール家の、 エンリル・クローズロール。 私には姉アネリーがいる。家族や使用人などにも暴言を吐かれ、私は家の中に居場所がなかった。 なぜかというと、私は両親に似てなかったからだ。どちらかが不倫してできた子、の討論に発展し、姉の一言でその話は終わったそうだ 「なら、この子捨てちゃえばー?」 私は、酷く残酷な扱いを受けながらも、ここにいた。 息をしていた。 でも、ある日十八歳になった私は異能が使えることに気づいた。だから、私は殺された。あの、腐った親子達に。 暗い、何も見えない、何もわからない、暗いのは嫌。怖い、助けてよ。 「ごめんなさい、酷なことをさせてしまって……大丈夫、次は上手くできますよ、好きに生きてくださいね。ずっと、私達はいますから」 光が見えた、銀色の髪が見えた。 神に愛された公爵家、あぁ、なるほど。助けてくれたんだね。 次はうまくやるよ、抜け出してやる。 そして、私は五歳にもどった。 他の公爵家に引き取られ、当主の証異能が出てきた頃、エンリルは一度家に帰ることに。 神の血筋を受けた当主のエンリル、堂々とした立ち振る舞いに家族はとうとうこんな発言をしてしまう。 「出ていけ…!!異能などなくても姉がいるんだぞ!」 「わかりました」 「さぁ、どうなりますかね」 残ったのは、破滅だけでしょうが。
24h.ポイント 42pt
小説 17,939 位 / 187,166件 恋愛 8,048 位 / 56,732件
文字数 39,619 最終更新日 2022.05.08 登録日 2022.02.06
恋愛 連載中 短編
「はぁ……今日もお麗しいわ」 いつもその姿を見てため息を漏らす。美しい、自分には近寄るのもおこがましい。 「エルノ様……」 そう、私が好きなのはエルノ・カルトル、根暗王子と呼ばれている。 公爵家の娘アリス・リリックレース。公爵家の中でも一番大きな家。 攻略結婚で王子ルークとの婚約が決まったが、ルークは女好きでアリスとは一回しか会ったことがない。 それも、風邪をひいてた為、顔も見ずそれっきり。 なので婚約者に浮気されっぱなしのアリス。 けれど、ルークがアリスの十八の誕生日のとき、ルーク自身が婚約破棄を申し出た。 ーー婚約破棄……?やったわ! 心配する両親と弟をよそに、アリスはとても喜んだ。 これであの、エルノ様に近づいても大丈夫なのだから。 と、思っていたはずが暫くすると婚約を戻してほしいとのお申し出が……!? 絶対嫌ですわ! とても嬉しい婚約破棄、これは差別されてきた根暗王子とずっと片思いしていたが家柄にとらわれていた少女のお話。 ⚠ここの作者は自由人です。誤字脱字多数、言葉の言い回し変。それでも良い方だけご覧ください。
24h.ポイント 0pt
小説 187,166 位 / 187,166件 恋愛 56,732 位 / 56,732件
文字数 10,059 最終更新日 2022.01.16 登録日 2022.01.10
7