猫の王様の、なんでもない話

大学に入って一ヶ月、俺は友人を作ることは諦めた。そんなある日、大学に向かう途中で土砂降りに遭った俺は、自転車の前に飛び出してきた子猫を避けようとして、植え込みに突っ込んだ。新しいシャツは泥だらけになって破れ、気に入っていた自転車も壊れたけれど、涙は出てこなかった。けれど、全身に響く痛みと、チェーンの外れた自転車を引きずりながら歩いていたとき、俺に傘を差しかけてくれた人がいた……。

★『猫の王様』の外伝ですが、本編未読でも大丈夫です。
九条くんの視点による猫の王様との出会い、定番イベントなど、日常エピソードの短編集です。


24hポイント 35pt
小説 11,337 位 / 87,355件 BL 1,915 位 / 8,508件
1 / 3

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

この世で一番白い花

BL / 完結 24h.ポイント:7pt お気に入り:3

君だから僕は

BL / 完結 24h.ポイント:0pt お気に入り:16

捨て猫はエリート騎士に溺愛される

135
BL / 完結 24h.ポイント:71pt お気に入り:187

風紀委員長様は王道転校生がお嫌い

BL / 完結 24h.ポイント:369pt お気に入り:2140

無の王

青春 / 連載中 24h.ポイント:427pt お気に入り:3

特別じゃない贈り物

BL / 完結 24h.ポイント:28pt お気に入り:23