【完結】断罪を終えた令嬢は、まだ恋を知らない。〜年下騎士から好意を向けられている?対処の仕方がわかりません⋯⋯。

母親の離縁により、プライセル公爵家の跡取り娘となったセシリアには、新しい婚約者候補が現れた。
彼の名は、エリアーシュ・ラザル。
セシリアよりも2つ年下の騎士の青年だった。

実の弟ともまともに会話をしてこなかったセシリアには、年下の彼との接し方が分からない。
それどころか彼の顔をまともに直視することすらできなくなってしまったセシリアに、エリアーシュは「まずはお互いのことをよく知ろう」と週に一度会うことを提案する。
だが、週に一度の逢瀬を重ねる度に、セシリアの症状は悪化していって⋯⋯。

断罪を終えた令嬢は、今度こそ幸せになれるのか?



※拙著『義妹とやらが現れましたが認めません。〜断罪劇の次世代たち〜』の続編ですが、前作を読んでいなくても楽しめるようにします。
※例によってふんわり設定です。なるべく毎日更新できるよう頑張ります。
※執筆時間確保とネタバレ&矛盾防止のため、ご感想への返信は簡単めになります⋯。ご容赦ください。
24hポイント 85pt
小説 8,210 位 / 100,210件 恋愛 3,738 位 / 27,981件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

悪役令嬢と婚約破棄後して、幸せになるつもりだったのに不幸になった王太子の話

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:164195pt お気に入り:4911

愚か者は幸せを捨てた

恋愛 / 完結 24h.ポイント:859pt お気に入り:2842