福田 杜季

福田 杜季

気の向くままにファンタジー中心に書いています。 感想をいただけるとうれしいです。モチベーションアップに繋がります。 が、豆腐メンタルのためお手柔らかにお願いします。
5
恋愛 連載中 長編
『ヴェインローゼに二輪の薔薇あり』と社交界で謳われる、黒薔薇と呼ばれる姉のアーテルと、白薔薇と呼ばれる妹のルチア。  ヴェインローゼ伯爵家のこの姉妹だが、実は妹は継母の連れ子であったために、姉が妹を疎んじて虐げていた。 そんなある日──彼女たちは自らの前世の記憶を思い出した。 「私の立ち位置って完全に悪役令嬢ってやつじゃない?てことは、私──断罪されちゃう⁉︎」       . . . . 「ここってあの物語の世界?いやいやいや、本編で明かされなかった設定多すぎでしょ!だってこれ、最悪わたし──処刑されちゃうんじゃないの⁉︎」 そして、二人ともが決意した。 「「前世の知識を総動員して、フラグを全部避けてみせる!」」 ──こうして、未来に待ち受けるだろう破滅を避けるべく、二人の転生令嬢が婚約やお茶会、学院での行動などなどあらゆることに気を張りながら、やんわりどうぞどうぞとフラグを譲り合っていくのだが⋯⋯婚約者の侯爵令息や王子殿下が思うように動いてくれない! 互いが転生者であることを知らない二人に、果たして安寧の日々は訪れるのか。 ※ざまぁ要素は物語後半に入る予定です。 ※1日1話投稿できるよう頑張ります。まだ完結させれていないため、長い目で見守ってください。 ※例によってふんわり設定で突っ走ります。カテゴリは『恋愛』にしてみましたが、本当に恋愛になるか自信がありません。カテゴリ変更の可能性もあります。 ※無謀にもWヒロインもどきに挑戦していますが、悪役令嬢な姉がどちらかと言うとメインで比重が重くなりそうです。
24hポイント 2,748pt
小説 603 位 / 96,139件 恋愛 312 位 / 26,499件
文字数 64,581 最終更新日 2021.03.01 登録日 2021.01.30
恋愛 完結 短編
クリスティナ・ダルトン公爵令嬢は、故あって王太子と婚約したものの、冷遇されてきた。 それは王立学院に入学してからより悪化し、王太子はあろうことか子爵令嬢を傍に侍らせるようになり、挙げ句の果てには卒業式後の舞踏会でクリスティナに婚約破棄を突きつけようとする。 「疵物のお前はもうまともな結婚など望めまい。最後の情けだ、この私がお前に相応しい相手と結ばせてやろう。 ──"離宮の怪異"の供物としてな!」 "離宮の怪異"とは、数世代前から使われなくなった離宮にいつの間にか棲み着いたモノの呼び名だ。 その正体は、どこぞの高貴な者の庶子とも、ただの浮浪者とも、そもそも人ではなくて幽鬼や悪霊の類だとも言われる。 「承知いたしました」 そう凛と答えたクリスティナを蔑む王太子は、知らない。 自らが抱えた秘密を──自分の影が、暗く、怖ろしいことなど。 ※いつものようにふんわり設定です。 ※本編完結済みで1日1話ずつ投稿していきます。 ※あらすじが若干ホラー調ですが、ホラーではありません。
24hポイント 688pt
小説 1,827 位 / 96,139件 恋愛 922 位 / 26,499件
文字数 30,885 最終更新日 2021.01.31 登録日 2021.01.21
母親の離縁により、プライセル公爵家の跡取り娘となったセシリアには、新しい婚約者候補が現れた。 彼の名は、エリアーシュ・ラザル。 セシリアよりも2つ年下の騎士の青年だった。 実の弟ともまともに会話をしてこなかったセシリアには、年下の彼との接し方が分からない。 それどころか彼の顔をまともに直視することすらできなくなってしまったセシリアに、エリアーシュは「まずはお互いのことをよく知ろう」と週に一度会うことを提案する。 だが、週に一度の逢瀬を重ねる度に、セシリアの症状は悪化していって⋯⋯。 断罪を終えた令嬢は、今度こそ幸せになれるのか? ※拙著『義妹とやらが現れましたが認めません。〜断罪劇の次世代たち〜』の続編ですが、前作を読んでいなくても楽しめるようにします。 ※例によってふんわり設定です。なるべく毎日更新できるよう頑張ります。 ※執筆時間確保とネタバレ&矛盾防止のため、ご感想への返信は簡単めになります⋯。ご容赦ください。
24hポイント 113pt
小説 6,808 位 / 96,139件 恋愛 2,990 位 / 26,499件
文字数 74,761 最終更新日 2021.01.21 登録日 2020.12.24
侯爵令嬢のセシリアのもとに、ある日突然、義妹だという少女が現れた。 彼女はメリル。父親の友人であった彼女の父が不幸に見舞われ、親族に虐げられていたところを父が引き取ったらしい。 だがこの女、セシリアの父に欲しいものを買わせまくったり、人の婚約者に媚を打ったり、夜会で非常識な言動をくり返して顰蹙を買ったりと、どうしようもない。 「お義姉さま!」           . . 「姉などと呼ばないでください、メリルさん」 しかし、今はまだ辛抱のとき。 セシリアは来たるべき時へ向け、画策する。 ──これは、20年前の断罪劇の続き。 喜劇がくり返されたとき、いま一度鉄槌は振り下ろされるのだ。 ※ご指摘を受けて題名を変更しました。作者の見通しが甘くてご迷惑をおかけいたします。 旧題『義妹ができましたが大嫌いです。〜断罪劇の次世代たち〜』 ※初投稿です。話に粗やご都合主義的な部分があるかもしれません。生あたたかい目で見守ってください。 ※本編完結済みで、毎日1話ずつ投稿していきます。
24hポイント 447pt
小説 2,560 位 / 96,139件 ファンタジー 595 位 / 26,098件
文字数 122,202 最終更新日 2020.12.24 登録日 2020.10.19
『ファリノス伯爵家のエルミラ嬢、王立学院の卒業パーティーで婚約破棄される!』 ──そんな衝撃的なニュースが、彼女のウエディングドレスを作成していた仕立て屋・ニーナの耳に入る。 この事態を受けて伯爵家は、ウエディングドレスは必要なくなったからと代金を踏み倒す暴挙に出た。 その結果、金策に困り首が回らなくなったニーナは、ショックを受けて領地で療養中だというエルミラを訪ねたのだが── 「見てる分にはいいけど、着るとなると面倒よね、こういうドレスって。コルセットは殺す気かって感じだし、クリノリンなんか座ったときに足に食い込むし。アール・ヌーボーとか、アール・デコとか、その辺りのもっと簡素で着やすいドレスがよかったわ」 などと、お嬢様はよくわからないことをおっしゃっており── これは、婚約破棄のショックで前世の記憶を思い出した伯爵令嬢と仕立て屋が出逢い、社交界に一大ムーブメントを生み出す──的なお話である。 ※さっくり終わらせます。前中後編の三部構成です⋯⋯と言いながら、①とか②とか、数字がついちゃう詐欺です。 ※ゆるふわ設定で、思いついたままに勢いで突っ走ります。ちなみに作者は西洋服飾史や近現代の服装にまったく詳しくありません。にわか知識です。
24hポイント 35pt
小説 13,016 位 / 96,139件 ファンタジー 2,559 位 / 26,098件
文字数 10,653 最終更新日 2020.11.30 登録日 2020.11.26
5