飛竜ヴァフスジルサニアについて

あるとき、王子様が貴族のお姫様たちに言いました。彼女たちに、ひとつの飛竜の卵を渡して。
飛竜を育てよ。もっとも優秀な飛竜を育てることが出来た者を、わたしの妃として迎えよう、と。
そんな経緯で大貴族シルヴァリ家にやってきた飛竜の卵⇒子供“ヴァフスジルサニア”の成長と周囲の人々のお話。全6話。

小説家になろうで書いていた小説のちょっぴり加筆・修正版です。
24hポイント 7pt
小説 16,430 位 / 58,862件 恋愛 5,498 位 / 14,175件
1 / 2

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

月が隠れるとき

恋愛 / 完結 24h.ポイント:92pt お気に入り:1749

婚約破棄した私は王弟殿下に狙われてる!?

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:70311pt お気に入り:3751

神様の奉持者~お世話係、始めました~

ライト文芸 / 連載中 24h.ポイント:0pt お気に入り:17

異世界ゆるり紀行 ~子育てしながら冒険者します~

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:41501pt お気に入り:25561