上 下
59 / 107

一橋治済は岩本正利の訪問を受け、正利より橋本喜八郎よりの言伝を伝えられるといよいよもって危機感を覚えると同時に意知に対する殺意を強くする。

しおりを挟む
しおりを挟む