【本編完結】ヒヨコの刷り込みなんて言わないで。魅了の俺と不器用なおっさん

気づいたら知らない森の中に居た緑川颯太(みどりかわそうた)は、通りかかった30代前半のイケオジ冒険者のダグラスに運よく拾ってもらった。
何もわからない颯太に、ダグラスは一緒に町に行くことを提案した。
小遣い稼ぎに薬草を摘みながら町を目指して歩いていたが、どうやら颯太にはとんでもないスキルがあるらしいと判明。

ええ?魅了??なにそれ、俺、どうしたらいいんだよ?

一回りも違う気の良いイケオジ・ダグラスと年下・ツンデレなりそこない系のソウタ。

それはヒヨコの刷り込みと同じってバカにすんな!
俺の幸せは俺が決めるもんだろう?

ゆっくり更新です。
週1・2回
20話くらいを目指したいですが、わかりません( ;∀;)
案の定長くなって、しかも10万字超えたので短編タグを外します。。。

年の差がお好きな方へ。

※はRぽい描写あり
24hポイント 3,500pt
小説 530 位 / 144,397件 BL 116 位 / 16,471件