静かな部屋で想いはゆっくりと届けられました。

都内に通う会社員、何がいいかって定期を活用すれば楽しく遊べること。

菊池七瀬、三年が過ぎた春も日々その恩恵を満喫中。
慣れた仕事に馴染んだ仲間、五年目くらいまでこのままだと思ってたのに。

びっくりな異動、しかも全く関係ないところに。

女子一人、ぽつんといて無駄話なんて全くないし、静か過ぎる。

しかも金曜日になるとちょっとだけ残業があって、せっかくの誘いにも乗れず、本当に・・・つまらない。
あの馴染んだ仲間の中には一人だけもっと特別になりたい人がいたのに。

いろんな思いが渦巻いて落ち込んでしまう。

そんな時に聞いた噂、今の相棒安西 祐樹さんの噂。


ホント?

静かな部屋でゆっくりと始まるそんなこと。
謎だった相棒と仲良くなって、気がついたこともあるのです。

24hポイント 7pt
小説 27,560 位 / 121,717件 恋愛 11,523 位 / 34,195件