過去~大切な思い~愛は消えない

主人公水野一哉は高校3年生。
高校3年の5月、一哉は自分の部屋から
趣味の星座鑑賞をしていた。
星座をみながら…自分の初恋の相手
西村愛理のことを考えていたのだった。
どうしたら距離を縮められるのか、
席が前後というだけであまり接点のない彼女と繋がるためにはどうしたらいいのか悩んでいた。
心の中で愛理と付き合いたい…そう願ったときだった。突然窓枠が光りだし
夜空が見えなくなった。
その後…部屋が爆発的に光った。
一哉は…あまりの光に目が眩んで
しばらく目が開けれなかった。
しばらくして目を開けると…
見知らぬ女の子が部屋の中に倒れていた

きけば、彼女は一哉の孫に当たる存在らしいが…そんなことを信じるわけがなく
警察に通報するも信じてもらえない。
彼女の目的は一体…
24hポイント 0pt
小説 77,263 位 / 77,263件 恋愛 20,392 位 / 20,392件