あの人はいつも、窓越しの空を眺めていた。

 有名な資産家の九十九家は、代々短命なことで知られていた。初代以外の当主は、皆20代の内に亡くなっている。それだけなら遺伝子のせいなのかな、とかと思うのだけれど、この家に嫁いだ人達も同様に、30歳になる前に死んでいるのだ。
 そのため周りでは、九十九家は悪魔と契約して家族の寿命と引き換えに資産を築いた黒魔術師だ、なんて評判が流れていた。
 そんな九十九家の給仕になってから、まもなく一か月が経過する。

 ※「虚構少女-E.G.O-」のキャラクターシナリオコンテスト応募作品です。

 
24hポイント 0pt
小説 36,000 位 / 36,000件 ファンタジー 13,118 位 / 13,118件