隠居賢者の子育て余生

 かつて賢者と讃えられた人物がいた。
 ある時は軍隊指揮官として、ある時は魔法研究者として、またある時は国の宰相として、彼は大いに活躍した。そんな彼が突然「隠居して余生を静かに過ごしたい」などと言って消息を絶ってから、数年の月日が経とうとしていた。
 賢者は、優麗な亡霊と共に森の奥深くで静謐な隠居生活を過ごしていたのだが、唐突に訪れた奴隷の子供達との出会いが、彼の余生を大きく変化させる。
 
 
24hポイント 0pt
小説 124,880 位 / 124,880件 ファンタジー 32,237 位 / 32,237件