隠居賢者の子育て余生

かつて賢者と讃えられた人物がいた。
 ある時は軍隊指揮官として、ある時は魔法研究者として、またある時は国の宰相として、彼は大いに活躍した。そんな彼が突然「隠居して余生を静かに過ごしたい」などと言って消息を絶ってから、数年の月日が経とうとしていた。
 
 これは、森の中の家で平穏な余生を過ごしていた賢者が、偶然出会った二人の子供奴隷を育てるため、懸命に賢明な奮闘をする物語。
 
 
 
24hポイント 7pt
小説 17,702 位 / 60,567件 ファンタジー 4,852 位 / 19,412件