助けた黒猫は僕の運命の相手でした。

 奏汰は子どもの頃、怪我をしている黒猫を助けた。
 サクラと名付け、飼い始めたその猫との暮らしはとても幸せで、このまま穏やかな日々が続いてほしいと思っていた矢先、サクラは突然姿を消してしまう。
 寂しさと淡い想いを胸に閉じ込めたまま月日は過ぎ、大人になった奏汰の前に一人の青年が現れて……。

 ちょっぴり俺様気質な溺愛攻めと、優しくて一途なほだされ受け。
 運命の出会いを果たした二人の、不思議で甘々な再会愛のお話です。

 お話は本編7話完結しました。
24hポイント 63pt
小説 14,166 位 / 148,736件 BL 3,159 位 / 17,117件