犬鍋

江戸時代後期、伊那川藩では飢饉や貧困により民は困窮の極みにあった。
藩士加賀十四郎は友人たちと光流寺へ墓参りに行く。
そこで歴代藩主の墓の前で切腹している男を発見する。

「まさか、この男は……殿なのか?」

※戯曲形式ですので一部読みづらい点があるかと思います。
24hポイント 0pt
小説 101,259 位 / 101,259件 歴史・時代 1,180 位 / 1,180件