アレの眠る孤塔

男性同士の未来の話。
 カプセルの中から目覚めたとき、俺は記憶を失われていた。なぜ此処にいるのか、自分の名前は何だったのか、肝心なことは頭の片隅にすらなかった。
 突然現れた白衣を着た男は、住み心地の良い牢獄とも取れる部屋で生活するよう強いるが、世話を焼く姿は懸命で、よく皿を割って、涙が出るほど嬉しくて懐かしい。
──お前は此処から出すつもりはない。
 白衣の男は口癖のように繰り返す。外の世界は、一体どんな景色が広がっていて、どんな生き物たちと生存しているのだろうか。
 窓のない小さな世界で、愛情を注ぎ続ける男と今日も一日を過ごす──。
24hポイント 0pt
小説 65,926 位 / 65,926件 キャラ文芸 1,925 位 / 1,925件