心のかけら 〜6月 君の心笑-こえ-を聞かせて〜

ーー君の心笑-こえ-を聞かせて



幼馴染のあいつが死んだ。
会いに行くと約束したのに、その日が来ることなく、世界は彼女を連れ去った。

離れていた間、彼女は何を想っていたのか。
彼女は最期に何を想って死んでいったのか。

知りたいという思いと後悔。それらは入り交じって、有りもしない場所へと俺を誘う。


最期に見ていたであろう景色。
その視界にふわりと、彼女の白い帽子が見えた。

彼女を思わす白。落ちていく帽子。
それは彼女そのもののような気がして、、

俺は不意に手を、伸ばしていた。



これは遺された少年と頑張った少女のお話。




※初心者の作品です。誹謗中傷コメントは作者に猛毒となりますのでお控えください。
イラストもデジタル初心者で汚いですが気になさらずお読みください。(イラスト背景はIbis paint様からお借りしました)


最後に、ズラズラとすみません(´・ω・`)
24hポイント 0pt
小説 73,720 位 / 73,720件 ライト文芸 3,638 位 / 3,638件