追放された聖女は魔獣を祓い、王子に愛される 〜あるいは抹消された王子が憎悪に燃える聖女を人間にするまで〜

「聖女ロザリンド=イースを告発する」「私、マリアベル=レ=ジルレーンは、聖女ロザリンドの偽りを断罪します!」「平民のあなたに、聖女の椅子は大きすぎるのでは?」「さようなら、ロージー」十六歳の誕生日。第一王子との婚約発表を行うはずだった大広間で、私は聖女を解任された。私は聖女だけど、魔獣を祓うこと以外は何にもできなくて、偽物なのだと。まぁ一人の方が魔獣祓いも効率的にできていいかもしれないわ。なんて前向きに考えていたら、「身柄は<黄昏の宮>預かりとする」だって。皆さんざわついているけれど、<黄昏の宮>ってどこ? え? 第二王子がいるって? なにそれそんなの聞いてない──! だって、私は魔獣を殺せさえすればいいのだから。

※小説家になろうにも掲載しています
24hポイント 35pt
小説 14,659 位 / 105,391件 恋愛 6,544 位 / 29,683件
1 / 4

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

番だからと攫っておいて、番だと認めないと言われても。

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:53119pt お気に入り:3174

お前じゃないと、追い出されたが、最強に成りました。ざまぁ~見ろ(笑)

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:3160pt お気に入り:857

婚約者の側室に嫌がらせされたので逃げてみました。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:134566pt お気に入り:11778

自分から追放された元貴族令嬢ですが許せないので見返します

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:29388pt お気に入り:5125

聖女にはなれませんよ? だってその女は性女ですから

恋愛 / 完結 24h.ポイント:20598pt お気に入り:85

婚約破棄なら悔い改めて

恋愛 / 完結 24h.ポイント:28pt お気に入り:39